英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習否定文と疑問文 Day5>動詞の疑問文について 記述式練習問題の解説




 記述式練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1. You like these.
(あなたはこれらが好きですね。)

2. He really believes it.
(彼は本当にそれを信じています。)

3. She comes from Italy.
(彼女はイタリア出身です。)

4. They did it alone.
(彼らだけでそれをした。)

5. He went to Australia.
(彼はオーストラリアに行きました。)


解答です

1. Do you like these?
(あなたはこれらが好きですか。)

2. Does he really believe it?
(彼は本当にそれを信じていますか。)

3. Does she come from Italy?
(彼女はイタリア出身ですか。)

4. Did they do it alone?
(彼らだけでそれをしたのですか。)

5. Did he go to Australia?
(彼はオーストラリアに行ったのですか。)


解説です

 5問とも疑問文に書き換える問題です。
 疑問文の作り方は、doを文頭に置きます。doは、主語が三人称単数であれば、代わりにdoesを置きます。また、過去を表す文では、doの代わりにdidを置きます。
 文の最後には「?」をつけることも忘れないでください。

 動詞についてですが、doを置くと、動詞は原形になります。つまり動詞の後ろに「s」や「ed」がつきません。


問題1について
 主語はYouなので、doを文頭に置きます。すると、Do you like these?となります。
 文の最後には「?」も忘れないでください。


問題2について
 主語はHeなので、doesを文頭に置きます(主語が三人称単数なので、doesを使います)。
 そうすると、Does he really believe it?となります。
 このとき動詞のbelievesは原形になりますので、「s」がつかない形になります。
 believeには、「信じる」という意味があります。


問題3について
 主語はSheなので、doesを文頭に置きます(これも主語が三人称単数なので、doesを使うことになります)。
 そうすると、Does she come from Italy?となります。このとき動詞のcomesは原形になりますので、「s」がつかない形になります。


問題4について
 主語はTheyなので、現在形ならdoを文頭に置きますが、この例文は過去のことを表しています。
 したがってdoではなく、didを文頭に置きます。そうすると、Did they do it alone?となります。

 書き換える前の問題文のdidは、「~をした」という意味の過去形の動詞として使われています。現在形はdoで、「~をする」という意味になります。
 疑問文で文頭に置くdidは、疑問文を作るためにあらたに置く語句です。したがってdidやdoが2つあることになりますが、間違いということではありません。

 また、問題文のdid「~をした」は過去形ですが、疑問文では原形になりますので、doにかわります。


問題5について
 主語はHeなので、現在形ならdoesを文頭に置きます。しかしこの例文は過去のことを表しているので、doesではなく、didを文頭に置きます。
 そうすると、Did he go to Australia?となります。

 問題文の動詞wentはgoの過去形です。疑問文ではdidを文頭に置く代わりに、動詞が原形にかわります。したがって、wentはgoにかわります。

 文の最後には「?」をつけることも忘れないでください。











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます