英語喫茶~英語・英文法・英会話~
基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習頻度と程度の副詞 Day31>頻度の副詞について 記述式練習問題の解説




 記述式練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1. It is ( ) hard for students.
(それは時々学生にとって難しいです。)

2. He is ( ) saying bad things about others.
(彼はいつも他人の悪口ばかり言っている。)

3. She ( ) goes to bed at about eleven.
(彼女はたいてい11時頃に寝ます。)

4. I will ( ) go there again.
(私は二度とそこへは行きません。)

5. He ( ) goes to the movies.
(彼はめったに映画に行きません。)


解答です

1. It is sometimes hard for students.
(それは時々学生にとって難しいです。)

2. He is always saying bad things about others.
(彼はいつも他人の悪口ばかり言っている。)

3. She usually goes to bed at about eleven.
(彼女はたいてい11時頃に寝ます。)

4. I will never go there again.
(私は二度とそこへは行きません。)

5. He rarely goes to the movies.
(彼はめったに映画に行きません。)


解説です

 頻度の副詞の使い分けを問う問題です。
 頻度の副詞は、「いつも」や「たいてい」などを表す副詞のことをいいます。


問題1について
 日本語訳で「ときどき」というのがありますが、それはsometimesで表すことができます。すると、次のような解答になります。
 It is sometimes hard for students.
 (それは時々学生にとって難しいです。)


問題2について
 問題文でsaying bad thingsがあります。「say bad things about 人」で、「人のことを悪く言う」という意味になります。
 日本語訳では「いつも」というのがあります、これはalwaysで表すことができます。すると、次のような解答になります。
 He is always saying bad things about others.
 (彼はいつも他人の悪口ばかり言っている。)


問題3について
 問題文でat about elevenがありますが、これは「11時頃」という意味です。
 日本語訳で「たいてい」というのがありますが、これはusuallyで表すことができます。すると、次のような解答になります。
 She usually goes to bed at about eleven.
 (彼女はたいてい11時頃に寝ます。)


問題4について
 問題文でagainは、「再び」という意味の副詞です。
 日本語訳で「行きません」というように否定を表していますので、neverを使います。すると、次のような解答になります。
 I will never go there again.
 (私は二度とそこへは行きません。)


問題5について
 日本語訳で「めったに」というのがあります。全く行かないわけではありませんが、まれに行くという意味です。それはrarelyで表すことができます。すると、次のような解答になります。
 He rarely goes to the movies.
 (彼はめったに映画に行きません。)











 英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます