英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>that 関係代名詞(その8)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 that 関係代名詞(その8)

 関係代名詞の「that」は、主語と目的語として使うことができます。
 さらに「人」と「物事」の両方に対して使うことができます。
 しかし、「whose」のように所有を表すことはできません。

 また、口語では「that」がよく使われますが、「who」と「that」の2つを比較した場合では、「who」のほうがよく使われます。

 She is the woman that (who) teaches English at university.
 (彼女は大学で英語を教えている女性です。)
 The car that I bought last year was inexpensive.
 (私が去年買ったその車は高くはなかったです。)


「that」は非制限用法としては使うことができません。



※関係代名詞の詳細は、次で解説しています。

who 関係代名詞その1

whose 関係代名詞その2

whom 関係代名詞その3

which 関係代名詞その4

which(主語に対して) 関係代名詞その5

which(目的語に対して) 関係代名詞その6

which(所有に対して) 関係代名詞その7

that 関係代名詞その8

that が主に使われる場合 関係代名詞その9

what 関係代名詞その10








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます