英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>which(所有に対して) 関係代名詞(その7)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 which(所有に対して) 関係代名詞(その7)

 所有を表す場合は、「which」をそのまま使うことができません。
 代わりに「whose」または「of which」を使います。

 「whose」は人に対してだけではなく、このように物や事に対しても使うことができます。

 This is the dictionary whose cover is beautiful.
 (この辞書の表紙は綺麗です。)


 また、次の例も見てください。

 This is the dictionary, the cover of which is beautiful.

 上は「whose」の代わりに「of which」を使った例です。これは次の2つからできています。

 ①This is the dictionary.
 ②Its cover is beautiful.

 ②の「Its cover」は「the dictionary's cover」ということになります。


関係代名詞(of which)の用法について 関係代名詞(of which)の用法について



 Its cover は of which cover とはならずに、the cover of which になります。
 また冠詞を使う場合、関係代名詞は先行詞を限定をするので、定冠詞「the」がよく使われます。

 次は「whose」と「of which」の両方を使って表した例です。

 I have a car whose seats are made of leather.
 I have a car, seats of which are made of leather.
 (私は座席が皮でできている車を持っています。)

 We sought out the ship whose nationality was unknown.
 We sought out the ship, the nationality of which was unknown.
 (国籍の不明な船を探し出した。)

 「of which」を使う場合、「,」で区切ることが多いです。



※関係代名詞の詳細は、次で解説しています。

who 関係代名詞その1

whose 関係代名詞その2

whom 関係代名詞その3

which 関係代名詞その4

which(主語に対して) 関係代名詞その5

which(目的語に対して) 関係代名詞その6

which(所有に対して) 関係代名詞その7

that 関係代名詞その8

that が主に使われる場合 関係代名詞その9

what 関係代名詞その10








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます