英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>whom 関係代名詞(その3)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 whom 関係代名詞(その3)

 「whom」は「誰」や「誰」という意味で、目的語の代わりになります。
 関係代名詞として使う場合も同じです。
 たとえば次の例を見てください。

 The woman whom we met yesterday is a teacher.
 (昨日私達が会った女性は先生です。)

 上の例は次の2つからできています。

 ①The woman is a teacher.
 ②We met her yesterday.

 ②の「her」は、①の「The woman」のことです。
 この「her」は「met」の目的語なので、「whom」に置き換えます。
 それから②の文頭に持ってきてから、①に②を挿入します。


関係代名詞(whom)の用法について 関係代名詞(whom)の用法について



 The students (whom) I scolded are exchange students.
 (私がしかった生徒達は交換留学生です。)
 The girl (whom) I teach English is a student of advanced class.
 (私が英語を教えているその彼女は上級クラスの学生です。)

 上で「whom」を( )で囲んでいるのは、普通「whom」は省略されるからです。



※関係代名詞の詳細は、次で解説しています。

who 関係代名詞その1

whose 関係代名詞その2

whom 関係代名詞その3

which 関係代名詞その4

which(主語に対して) 関係代名詞その5

which(目的語に対して) 関係代名詞その6

which(所有に対して) 関係代名詞その7

that 関係代名詞その8

that が主に使われる場合 関係代名詞その9

what 関係代名詞その10








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます