英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>that が主に使われる場合 関係代名詞(その9)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 that が主に使われる場合 関係代名詞(その9)

 関係代名詞「that」が口語とは関係なく、主に使われる場合には次の3つがあります。

1<先行詞に最上級が使われている場合>

 That is the most interesting movie that I have ever seen.
 (あの映画は私が今までに見た中で一番おもしろいです。)

 I have ever seen. は「私が今までに見た。」という意味です。
 これを最上級の後ろに続けると「私が今までに見た中で一番です。」という意味になります。


2<先行詞に「the only」などが使われている場合>
 「the only」、「the first」、「the same」などが使われている場合です。

 This is the only book that I can't understand.
 (これは私が理解できない唯一の本です。)


3<先行詞に「all」などが使われている場合>
 「all」、「any」、「no」や「anything」、「nothing」などの合成語が使われている場合です。

 Is there anything that we can do?
 (私達のできることが何かありませんか。)


「that」は非制限用法には使われませんが、前置詞の後に続くような場合も使うことができません。



※関係代名詞の詳細は、次で解説しています。

who 関係代名詞その1

whose 関係代名詞その2

whom 関係代名詞その3

which 関係代名詞その4

which(主語に対して) 関係代名詞その5

which(目的語に対して) 関係代名詞その6

which(所有に対して) 関係代名詞その7

that 関係代名詞その8

that が主に使われる場合 関係代名詞その9

what 関係代名詞その10








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます