英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
-英会話表現-
Page1
Page2
Page3
Page4
Page5
Page6
Page7
Page8
Page9
Page10
Page11
Page12
Page13
Page14
Page15
Page16
Page17
Page18
Page19
Page20
Page21
Page22
Page23
Page24
Page25
Page26
Page27
Page28
Page29
Page30
Page31
Page32
Page33
Page34
Page35
Page36
Page37
Page38
Page39
Page40
Page41
Page42
Page43
Page44
Page45
Page46
Page47
Page48
Page49
Page50
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 やさしい英会話の表現

英語喫茶やさしい英会話の表現>緊張あふれる友 Page29



やさしい英会話の表現ページ29-緊張あふれる友-英語喫茶~英語・英文法・英会話~

やさしい英会話の日付

緊張あふれる友

やさしい英会話29
やさしい英会話の表現の英文ストーリー用ボーダー


 ―Two cats were sitting side by side beside the entrance of the faculty of literature. The classes this morning will be finished soon and the lunch break is coming.―

"What should I do, Sherry?" Libre asked as he was getting nervous.
"If I were you, I would go and see her when she appears in the entrance."
"Yes, I see. I have no choice."

"Take it easy. You have only to go and see Fizz."
"Yeah, I agree. What if she forgot me?"
"In case she leaves you … you can live in my office."
"Is the office yours?"
"Ah, there is not much difference."

 He was relaxing.


 ―One or two students were coming out. The class might have finished early.―

 Libre was very nervous again. Several students were passing before our eyes.
Libre watched students as he was distinguishing them. But the next moment, his eyes focused on a girl.

"Is that girl Fizz?"
"Yes."

 She was coming out with her friend.



やさしい英会話のカット2



<今日の単語>

appear  あらわれる
choice  選択
agree  同意する
forgot(forget の過去形)  忘れる、置き忘れる
come out  出てくる
distinguish  区別する、見分ける
focus  焦点をあわせる




やさしい英会話のライン




<今日の日本語訳>

 ―文学部の玄関の側に2匹の猫が並んで座っていた。もう少しで午前の授業が終わり昼休みに入ろうという時間だ。―

「どうしたらいいだろう、シェリー」リバーが緊張した顔で聞いてきた。
「もしも僕がリバーだったらでてきたところを会いに行くだろうね。」
「そうだよな。それしかないよな。」

「緊張するな。ただフィズの前にでていくだけでいいんだから。」
「あぁ、そうだな。でも、もしも俺のことなんか無視されたらどうしよう?」
「そのときは...僕の研究室に住めばいいさ。」
「あそこはシェリーの研究室だったのか?」
「まあ、似たようなものさ。」

 リバーが少し緊張をほぐしたみたいだ。


 ―玄関から1人、2人と学生が出てきた。少し早めに授業が終わったらしい。―

 リバーの顔はまた緊張で一杯になった。数人の学生が目の前を通り過ぎていく。
リバーは1人1人確かめるように見ていたが、次の瞬間、リバーの視線が1人の女の子に集中した。

「あの子がフィズ?」
「そうさ。」

 フィズは友人と2人で玄関から出てきた。



やさしい英会話のライン



<今日の日本語訳&英語訳>

―文学部の玄関の側に2匹の猫が並んで座っていた。もう少しで午前の授業が終わり昼休みに入ろうという時間だ。―
―Two cats were sitting side by side beside the entrance of the faculty of literature. The classes this morning will be finished soon and the lunch break is coming.―


「どうしたらいいだろう、シェリー」リバーが緊張した顔で聞いてきた。
"What should I do, Sherry?" Libre asked as he was getting nervous.

「もしも僕がリバーだったらでてきたところを会いに行くだろうね。」
"If I were you, I would go and see her when she appears in the entrance."

「そうだよな。それしかないよな。」
"Yes, I see. I have no choice."


「緊張するな。ただフィズの前にでていくだけでいいんだから。」
"Take it easy. You have only to go and see Fizz."

「あぁ、そうだな。でも、もしも俺のことなんか無視されたらどうしよう?」
"Yeah, I agree. What if she forgot me?"

「そのときは...僕の研究室に住めばいいさ。」
"In case she leaves you … you can live in my office."

「あそこはシェリーの研究室だったのか?」
"Is the office yours?"

「まあ、似たようなものさ。」
"Ah, there is not much difference."


リバーが少し緊張をほぐしたみたいだ。
He was relaxing.



―玄関から1人、2人と学生が出てきた。少し早めに授業が終わったらしい。―
―One or two students were coming out. The class might have finished early.―


リバーの顔はまた緊張で一杯になった。数人の学生が目の前を通り過ぎていく。
Libre was very nervous again. Several students were passing before our eyes.

リバーは1人1人確かめるように見ていたが、次の瞬間、リバーの視線が1人の女の子に集中した。
Libre watched students as he was distinguishing them. But the next moment, his eyes focused on a girl.


「あの子がフィズ?」
"Is that girl Fizz?"

「そうさ。」
"Yes."


フィズは友人と2人で玄関から出てきた。
She was coming out with her friend.




ここから今日のポイントになります。





やさしい英会話の今日のポイント
やさしい英会話のポイントライン


★ポイント1
"If I were you, I would go and see her when she appears in the entrance."
「もしも僕がリバーだったらでてきたところを会いに行くだろうね。」

 これは仮定法といわれている文です。
 If I were you は、「もしも私があなただったら」という意味です。現在の事実とは違うことをあらわします。
 つまり現実ではない、「仮定」を表します。
 このように現在の事実とは違うことを仮定する場合は if の中に過去形の文をおきます。
 これを仮定法過去といいます。

 I would go and see when she appears in the entrance. は if に続く文ですが、ここにも文の決まりがあって、助動詞の過去形をおくことになっています。
 この文の場合は「would」がそれにあたります。「would」の後は動詞の原形がおかれます。


英語if I were you, I would(もしも私があなただったら、私は~)仮定法について 英語if I were you, I would(もしも私があなただったら、私は~)仮定法について


 If I were you, I would improve my techniques.
 (もしも私があなたなら、技術をもっと向上させているでしょう。)

 If I were you は、相手に助言をするときに使うことができます。


 この他に仮定法については、英文法コンテンツ「基礎からの英語学習Day74」でも説明しています。そこでは仮定法過去の他に仮定法過去完了(過去の事実とは違う仮定)についても詳しくふれていますのでご参照ください。






★ポイント2
"Take it easy. You have only to go and see Fizz."
「緊張するな。ただフィズの前にでていくだけでいいんだから。」

 Take it easy. は「無理をしないで頑張れ。」や「気楽に。」という意味です。相手を励ますときに使うことができます。

 I have to play the violin at the concert. I'm very nervous.
 (私はコンサートでヴァイオリンを弾かなければなりません。とても緊張しています。)
 Take it easy. You can do it.
 (気楽に。あなたなら大丈夫だよ。)


英語take it easy(気楽にね。)について 英語take it easy(気楽にね。)について






★ポイント3
"Yeah, I agree. What if she forgot me?"
「あぁ、そうだな。でも、もしも俺のことなんか無視されたらどうしよう?」

 What if she forgot me? は、「彼女が私のことを忘れていたらどうしよう?」という意味になります。
 What if ~ は「~したらどうなるだろう?」や、「~ならどうしよう?」というような意味です。


英語what if(~したらどうなるだろう)について 英語what if(~したらどうなるだろう)について


 She has to work overtime today.
 (彼女は今日残業をしなければなりません。)
 Really? Today's birthday party is for her.
 (本当に?今日の誕生日パーティは彼女のためだよ。)
 Yes, I know. What if she can't come to the party?
 (うん、知っているよ。彼女が来なかったらどうしよう?)
 I have no idea.
 (よくわかりません。)









やさしい英会話の表現カット








Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます