英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>if(~かどうか) 接続詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 if(~かどうか) 接続詞

 「if」は「もしも~なら」だけではなくて、「~かどうか」というように選択的な意味で使うこともできます。
 この場合の「if節」では、未来のことを表す場合に「will」を省略しないでそのまま使います。
 これは「もしも~なら」を表す「if」が副詞節なのに対して、この「~かどうか」を表す「if」は名詞節だからです。

 「節」とは、簡単に言うと「主語+動詞」のことです。
 副詞節とはその名の通り、副詞的に使われる節です。これは時や条件、理由などを表す接続詞が入ります。そしてある程度独立した形で、文の説明を加えます。
 それに対して名詞節とは、名詞的に使われる節です。
 その節が動詞の目的語として使われたりします。
次の文では「if節」全体が、「know」の目的語として使われています。

 Do you know if she will come to the party?
 (彼女がパーティーに来るかどうかを知っていますか。)
 I wonder if he will be back.(彼は戻ってくるだろうか。)


「if」において「will」を使うかどうかの簡単な区別は、「もしも~なら」の意味なら使いませんが、「~かどうか」の意味で未来のことなら使います。


「もしも~なら」を表す「if(もしも) 接続詞」は、こちらを参照。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます