英語喫茶~英語・英文法・英会話~


南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)

北海道夕張市~北海道最後の私鉄、南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)
南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)、南大夕張駅ホーム(北海道夕張市)
撮影取材日 2015年9月

北海道夕張市から、南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)です。
南大夕張駅は、旧三菱大夕張鉄道の駅の1つです。
旧三菱大夕張鉄道は、清水沢駅から大夕張炭山までの6駅を結んでいました。
最初は1911年に清水沢駅から南大夕張駅まで開通し、1929年に大夕張炭山まで開通しました。

主に石炭輸送に活躍していた鉄道で、その後閉山等により一部廃止をされながらも北海道最後の私鉄として残っていました。
しかし1987年に廃線となっています。
総延長は17.2kmで、6駅がありました。
南大夕張駅は、清水沢駅から3つ目の駅にあたります。

上の写真は、旧南大夕張駅からです。
駅のホームに停車しているかのように保存車両が置かれています。
南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)、南大夕張駅ホームの後ろ側から車両を撮影(北海道夕張市)
旧南大夕張駅ホームの上から撮影。
ホームの後ろ側から保存車両を撮影しているところです。
南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)、保存車両の先頭側(北海道夕張市)
保存車両の先頭を、後ろ側から撮影したところです。
車両は三菱大夕張鉄道保存会により保存されています。
南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)、先頭車両とラッセル車(北海道夕張市)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
先頭車両を前側から撮影。
先頭はラッセル車です。
特徴的なラッセル車です。
南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)、ホームと車両と駅名票(北海道夕張市)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
ホーム上に立っている駅名票です。
南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)、車両の後ろ側(北海道夕張市)
車両の後部は石炭を運搬する石炭車(貨物車)です。
南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)、客車の車内(北海道夕張市)
こちらは客車の車内の様子です。
南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)、廃線跡とシューパロ湖(北海道夕張市)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
こちらは少し移動をしたところで、シューパロ湖周辺の様子です。
右側を通るのは旧国道で、このあたりは水位の変動により湖に沈みます。
写真の中央下は、廃線跡になっています。
旧大夕張駅から大夕張炭山駅に向けて2つめの千年町駅付近ですが、下の廃線跡の中央あたりにはオレンジ色の橋梁が少し見えています。
南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)、旭沢橋梁(北海道夕張市)
そのオレンジ色の橋梁をクローズアップで。
角度を変えて、クローズアップしているところです。
かつての橋梁上には20羽ほどのアオサギがとまっていました。

この橋梁は「旭沢橋梁」で、三菱大夕張鉄道の遺構として知られています。
南大夕張駅(旧三菱大夕張鉄道)、旭沢橋梁のクローズアップ全景(北海道夕張市)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
撮影の場所を変えて。
旧旭沢橋梁の全景です。
木々によって隠れていますが、トラスが逆向きになっている珍しい構造をしています。
沢は深いですが、そこから伸びる橋脚も湖の水位によって沈んでしまいます。



景勝探訪と学習の息抜き下ページ画像



Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます