英語喫茶~英語・英文法・英会話~


糠平川橋梁(旧士幌線)

北海道河東郡上士幌町~糠平ダム建設にともない新線に造られた、糠平川橋梁
糠平川橋梁(士幌線)、士幌線広域図(北海道河東郡士幌町)
撮影取材日 2016年7月

北海道河東郡上士幌町から、糠平川橋梁(旧士幌線)です。
糠平川橋梁は、旧士幌線の糠平駅を、十勝三股駅方向に向かった先にある橋梁です。

士幌線は帯広市の帯広駅から上士幌町の十勝三股駅までの78.3kmを結んでいました。
士幌線の最初の開通は1925年で、帯広駅から士幌駅までを結びました。
その後1939年に十勝三股駅まで延長され、全線開通となりました。
しかしながら利用客減少のため、1987年に廃止となりました。
最初の開通から62年間、全線開通から48年間の歴史でした。

今回は、木々が生い茂る中の糠平川橋梁を掲載しています。
糠平川橋梁(士幌線)、士幌駅詳細図(北海道河東郡士幌町)
帯広駅から十勝三股駅までには17の駅がありました。
帯広駅は現在でも営業していますが、他の16駅は廃止となりました。

今回掲載している糠平川橋梁は、帯広駅から14番目の駅になる糠平駅を通り過ぎたところにあります。
糠平川橋梁(士幌線)、糠平川橋梁の下を通る散策路(北海道河東郡士幌町)
士幌線には大小いくつもの橋梁が存在していました。
糠平ダム周辺には散策路が整備されていますが、糠平川橋梁もその中に入っています。

上の写真は、その散策路の1つからです。
小川の先に、木々に隠れたコンクリートの造形物が見えます。
糠平川橋梁(士幌線)、糠平川橋梁の下を通る散策路と糠平川橋梁の影(北海道河東郡士幌町)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
コンクリートの建造物に近づいたところです。
木々が茂る中に、糠平川橋梁が見えます。
糠平川橋梁(士幌線)、糠平川橋梁を真下から眺める(北海道河東郡士幌町)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
こちらは糠平川橋梁の下まで来たところです。
橋梁の下には「糠平川橋梁」と書かれた案内板が立っています。

糠平川橋梁の手前の駅は「糠平駅」ですが、そのさらに2つ前の駅は「黒石平駅」といいます。
糠平ダム建設にともない、その黒石平駅からダム湖に沈むことになりました。

そのため2つ前に掲載している図のように、士幌線は旧線と対岸の新線に分かれます。
糠平川橋梁は1955年に新線に造られた比較的新しい橋梁です。
長さは63mあります。
糠平川橋梁(士幌線)、糠平川橋梁の上に登ったところです(北海道河東郡士幌町)
上の写真は、糠平川橋梁の上にあがってきたところです。
橋梁の上は散策路になっています。
糠平川橋梁(士幌線)、糠平川橋梁を渡る(北海道河東郡士幌町)
糠平川橋梁を歩いているところです。
糠平川橋梁(士幌線)、糠平川橋梁から眺める糠平湖(北海道河東郡士幌町)
糠平川橋梁から眺める風景です。
先に見えるのは、糠平湖です。



景勝探訪と学習の息抜き下ページ画像



Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます