英語喫茶~英語・英文法・英会話~


振内駅(旧富内線)

北海道沙流郡平取町~鉄道資料館となったかつての駅、振内駅(旧富内線)
振内駅(旧富内線)、富内線広域図(北海道沙流郡平取町)
撮影取材日 2016年5月

北海道沙流郡平取町から、振内駅(旧富内線)です。
振内駅は、旧富内線の中の1つの駅です。
旧富内線は、1922年に胆振管内沼ノ端駅と旭岡間の開通から始まります。
その後むかわ町の鵡川駅が起点となり、1964年には日高町まで延長されました。
全線開通した富内線(鵡川駅から日高町駅)は82.5kmで、その間には15の駅がありました。

林業や鉱業を支えた富内線は、1963年に富内駅の乗降客は14万人を記録、発着貨物も16,000トンを記録しました。
しかしながら、その後の林業衰退や鉱山の閉山、自動車の普及等により1986年10月末を最後に全線廃止となりました。
64年間の歴史でした。
振内駅(旧富内線)、富内線詳細図(北海道沙流郡平取町)
振内駅は鵡川駅から10駅めになります。
あと5駅で終着駅の日高町駅に到着します。
起点駅の鵡川駅は現在でも営業していますが、その他の14駅は廃止されました。
振内駅(旧富内線)、鉄道資料館(北海道沙流郡平取町)
上の写真は、かつての振内駅の敷地に建てられている鉄道資料館です。
振内駅にあった駅舎はすでにありません。
その代わりに鉄道資料館が建てられています。
振内駅(旧富内線)、客車と蒸気機関車(北海道沙流郡平取町)
かつての振内駅です。
駅舎はありませんが、ホームと客車が展示されています。
当時は写真の左に駅舎がありました。
奥に見える黒い車両は、D51蒸気機関車です。
振内駅(旧富内線)、D51蒸気機関車(北海道沙流郡平取町)
こちらはそのD51蒸気機関車の前に来たところです。
振内駅(旧富内線)、客車の端からみる駅の様子(北海道沙流郡平取町)
こちらは客車の先から撮影したところです。
右奥に見えるのは鉄道資料館です。
振内駅(旧富内線)、客車とホームとレール(北海道沙流郡平取町)
残されているホームと客車です。
ホームは少し崩れています。
ホームの上にはいくつかの、他の駅の駅名標も並んでいます。



景勝探訪と学習の息抜き下ページ画像



Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます