英語喫茶モバイル看板




英語の時間的感覚Tの目次へ


5.2.1. 動作継続T
 これは動作の継続を表す用法である。したがって動作動詞を用いるのが普通となる。

(1) I baked some bread.
(私はパンを焼いた。)

 上は過去形の例だが、表しているのは「パンを焼いた」という動作である。
 しかしその動作は焼いたことの終了を表すので、いわば「点」として表すことができる。これを図にすると次のようであった。


(2)



 上で動作は赤い丸で表されるが、次は過去進行形の例である。

(3) I was baking some bread.
(私はパンを焼いていました。)

 上で表しているのは「パンを焼いていた」というように、ある程度の時間を持ったことである。このことを図にすると次のようになる。


(4)



 上で赤い軸は動作継続を表すが、このように過去形では「点」として表していたことが過去進行形では「線」として表される。




 ところで上の図は過去進行形だが、現在進行形や未来進行形については次のようになる。

(5)
a. 現在進行形




b. 未来進行形




 いずれも「点」として表される動作に着目し、それを広げている。
 
 この動作に着目することについては、「話し手のいらだち」を表す用法においても説明することができるが、次節でこのことを述べることにする。










英語の時間的感覚Tの目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます