英語喫茶モバイル看板




英語の時間的感覚Tの目次へ


4.未来の時間的感覚
 未来を表す形式といえば、すぐに思いつくのはwillだろうか。それともbe going toを思いつくかもしれない。しかし、未来を表す形式はこれだけではない。他にはbe toやbe about to、それから現在進行形や現在形も未来を表すことができる。
 これらのうちよく用いられるwillとbe going toを中心にここでは述べるが、現在進行形と現在形による未来表現も比較をするために少しふれていくことにする。
 ここで述べる未来表現の形式について、次のようにまとめてみる。

(1)

---------------
現在形、現在進行形、be going to

近い未来

will

遠い未来
---------------


 それぞれは近い未来と遠い未来に分類することができ、近い未来には3つ、遠い未来には1つの形式が相当する。この近い未来と遠い未来については、次節から節を分けて述べていく。










英語の時間的感覚Tの目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます