英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 67-thatとwhatの関係代名詞-


「that」(関係代名詞その1)
 関係代名詞の「that」は、主語と目的語として使うことができます。さらに「人」と「物事」の両方に対して使うことができます。
 しかし、「whose」のように所有を表すことはできません。
 
 また、口語では「that」がよく使われますが、「who」と「that」の2つを比較した場合では、「who」のほうがよく使われます。

She is the woman that (who) teaches English at university.
(彼女は大学で英語を教えている女性です。)
The car that I bought last year was inexpensive.
(私が去年買ったその車は高くはなかったです。)

 基本的な文の作り方については、Day65と同じです


「that」が主に使われる場合
 関係代名詞「that」が口語とは関係なく、主に使われる場合には次の3つがあります。

1<先行詞に最上級が使われている場合>

That is the most interesting movie that I have ever seen.
(あの映画は私が今までに見た中で一番おもしろいです。)

 I have ever seen. は「私が今までに見た。」という意味です。
 これを最上級の後ろに続けると「私が今までに見た中で一番です。」という意味になります。

2<先行詞に「the only」などが使われている場合>
 「the only」、「the first」、「the same」などが使われている場合です。
 
This is the only book that I can't understand.
(これは私が理解できない唯一の本です。)


3<先行詞に「all」などが使われている場合>
 「all」、「any」、「no」や「anything」、「nothing」などの合成語が使われている場合です。
 
Is there anything that we can do?
(私達のできることが何かありませんか。)



「what」(関係代名詞その2)
 関係代名詞の「what」は、他の関係代名詞とは異なり先行詞を必要としません。それは「what」が先行詞とセットになっているからです。
 たとえば次の例を見てください。

What he says is true.
(彼が話すことは本当のことです。)

 上の例では先行詞を見ることができません。
 それは「what」には、「that which」または「those which」のように表されるように、先行詞が含まれているからです。
 そこで関係代名詞「what」の意味は、「〜をする事(物)」になります。

This is what I need.
(これが私の必要なものです。)
What we have to decide is when we'll bring this to market.
(私達が決定しなければならないのは、いつこれを市場へ導入するかです。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

関係代名詞(that, what)について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます