英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 34-時の前置詞2-


「from … to(until)」(時の前置詞その1)
 「〜から〜まで」というように、ある時点から他のある時点までの期間を表すのに、「from … to」を使うことができます。(「to」のかわりに「until」を使うこともできます。)このとき「〜から」には「from」、「〜まで」には「to」が相当します。

from Monday to Friday
(月曜日から金曜日まで) 
They are going to stay there from 10 o'clock to 6 o'clock.
(彼らはそこに10時から6時まで滞在するつもりです。)



「before」と「after」(時の前置詞その2)
 「before」は「〜の前に」という意味で、「after」は「〜の後に」という意味です。これらの後に名詞や動名詞(動詞のing形)を続けます。
 ここでふれる「before」と「after」は、接続詞ではなく前置詞としての使い方なので、その後には名詞に相当する語を続けることになります。
 (接続詞として使う場合は、「主語+動詞」が続くことになります。このことについてはDay46を参照してください。)
 次は「before」の例です。

before Tuesday
(火曜日の前に)
We were very nervous before the entrance exam.
(入試の前はとても緊張した。)
I went for a walk before breakfast.
(私は朝食の前に散歩をしました。)
I read a newspaper before going to work.
(私は仕事に行く前に新聞を読みます。)

 次は「after」の例です。
 
after 7:00(7時の後に)
We went to the art museum after school.
(私達は学校の後、美術館に行きました。)
I drank a cup of coffee after eating dinner.
(夕食の後コーヒーを一杯飲みました。)



「for」と「during」(時の前置詞その3)
 どちらも「〜の間」というように、ある期間を表すことができます。
 「during」には、「the summer holidays」のような「特定される名詞」を続けるのが普通です。
 それに対して「for」には、「期間」の意味では特定される名詞を普通は続けません。「for」は、ある時間の長さがどのくらいかに重点を置きます。

He stayed for two days.
(彼は2日間滞在しています。)
We studied at a workshop for three weeks.
(私達は講習会で3週間勉強しました。)

 次は「during」の例です。
 
We stayed in Hawaii during the summer holidays.
(夏休みの間、ハワイに滞在しました。)
He slept during the concert.
(彼はコンサートの間、寝ていました。)



「within」(時の前置詞その4)
 「within」には「〜以内」や「〜を超えないで」というように、「ある時間内」の意味があります。

within five minutes
(5分以内に)
within a week
(一週間以内に)
 
I will be back within two hours.
(私は2時間以内に戻ってきます。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

前置詞 from...to, before, after について
問題数:5問


前置詞 during, for について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます