英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 46-接続詞2-


not only A but also B(AばかりでなくBも)
 これは「AばかりでなくBも」という意味です。not only A で「Aだけではない」という意味、but also Bで「しかしながらBも」という意味があることがうかがえます。このとき「also」は省略される場合もあります。

She not only did not eat but also did not drink.
(彼女は食べなかったばかりでなくて飲むこともしなかった。)
Not only you but also he was absent from the lecture.
(あなたばかりでなくて彼も講義を欠席しました。)

 AとBは同じ種類の語句(Aが名詞ならBも名詞、Aが動詞ならBも動詞というように)にします。
 また、動詞の形は後ろのBに合わせます。
たとえば上の場合、動詞は「he」に合わせて「was」にしています。



「because」(なぜならば)
 「because」は「なぜならば」や「〜なので」というように、原因や理由を表します。「because」の後には「主語+動詞」(節)を続けていきます。

I didn't go to the party, because I was tired.
(私は疲れていたので、パーティーへは行きませんでした。)
I opened the window because it was very hot in the classroom.
(教室がとても暑かったので、私は窓を開けました。)

 また、「because」の前に否定語があると、その否定の意味が「because」に及ぶ場合があります。
 たとえば I didn't come here because I wanted to see her. は「私は彼女に会いたかったので、ここへ来ませんでした。」という意味にすることができますが、「私は彼女に会いたかったために、ここへ来たのではありませんでした。」という意味にすることもできます。これは「ここへ来たこと」は確かだけれども、その理由は「彼女に会うためではなかった」ということです。
 このように2番目の意味は、否定語(didn't)が「because」に及んでいるとみた場合になります。これは次のようにすることもできます。
 
It was not because I wanted to see her that I came here.

 次も同様で、否定語が「because」に及んでいる場合の例です。

I didn't go to see fireworks because it was crowded.
(私が花火を見に行ったのは、込み合っていたからではありません。)

 上の場合「込み合っていた」以外の理由で、花火を見に行ったことが予想されます。当然、「混雑していたので、私は花火を見に行かなかった。」とすることもできます。



「before」(〜をする前に)
 「before」は「〜をする前に」や、「〜をしないうちに」という意味です。この場合の「before」は接続詞として使うので、後には「主語+動詞」(節)を続けることができます。

I always have breakfast before I go to school.
(私はいつも学校に行く前に朝食をとります。)
Do it now before you forget.
(忘れないうちに、それを今やりなさい。)
I will clean my room before you come home.
(あなたが家に来る前に私は部屋を掃除しておきます。)



「after」(〜のあとに)
 「after」は「〜のあとに」という意味です。これも接続詞として使うので、その後は「主語+動詞」(節)を続けます。

We went home after we saw the movie.
(映画を見た後で家に帰りました。)
I was very tired after I went shopping.
(私は買い物に行った後でとても疲れた。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

because, not only, before, after について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます