英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>受動態の基本的な作り方



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 受動態の基本的な作り方

 受動態とは、主語が「~をされる」という意味の文で、いわゆる受け身ともいわれています。
 基本的な型は<主語+be動詞+過去分詞>で、これにあてはめるだけで受動態の文を作ることができます。

 「be動詞」の後には過去形ではなく、「過去分詞」が続きます。
 過去分詞には受動的な意味があります。それから、「誰にされるのか」を表したい場合は、「by+人」を加えます。(しかし、「by」以下は省略されることも多いです。

 たとえば The novel was written by John. は、「その小説はジョンによって書かれた。」という意味の文ですが、主語は「The novel(小説)」で、これが「was written(書かれた)」ことになります。そして書いたのは「by John(ジョンによって)」です。
 元の文(能動態)は、John wrote the novel.「ジョンは小説を書いた。」ですが、次はこの能動態から受動態になるまでの過程です。

受動態の基本的な作り方について 受動態の基本的な作り方について


 My room was cleaned up by my mother.
 (私の部屋は母によって掃除されました。)
 These pictures were taken by her.
 (これらの写真は彼女によって撮られました。)
 [taken(過分)- take(現)- took(過)]








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます