英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>動詞の過去形



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 動詞の過去形

 動詞の過去形は主語の人称に関係なく続けることができます。(たとえば「liked」は全ての人称の後に置くことができます。)
 動詞の過去形が表すのは、動作や状態が過去の時点において終了したことです。

動詞の過去形について 動詞の過去形について

 I washed my car yesterday.(私は昨日車を洗いました。)
 We studied English last night.(昨夜私達は英語を勉強しました。)

 頻度をあらわす副詞を使って過去の習慣をあらわすこともできます。
 He often went fishing.(彼はよく釣りに行きました。)

 頻度をあらわす副詞には、always(いつも)、usually(たいてい)、often(しばし ば)、sometimes(ときどき)、never(一度もない)などがあります。


He went fishing. だけなら、単に「彼は釣りに行きました。」という過去の出来事だけしかあらわしませんが、「often」を使うことで、習慣の意味があらわれてきます。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます