英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>every と each 形容詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 every と each 形容詞

 「every」は「あらゆる」や「全ての」、「each」は「各々」や「めいめい」という意味です。
 どちらも単数名詞の前において使います。
 意味的に複数ですが、単数として扱います。(複数名詞は単数名詞に変えて使います。)

 「all」は「ひとまとまりの全て」を意味しますが、「every」も同じ「全て」を意味します。
 しかし、その中の1つ1つを念頭に入れます。

 「every」は「each」の意味も持っていますが、「each」のほうがより個々に考えます。

 ①He presented a diploma to every student.
 (学生全員に卒業証書を渡した。)
 ②He presented a diploma to each student.
 (学生めいめいに卒業証書を渡した。)

 ①は全ての学生に卒業証書を渡したという意味で「all」に近いです。
 (=He presented diplomas to all the students.)
 それに対して、②も全ての学生に渡したという意味では同じですが、個々の学生の顔を見ながら渡したという意味が含まれます。

everyとeach、allの意味の違いについて everyとeach、allの意味の違いについて


 Not every man can be rich.(誰もが金持ちになれるわけではありません。)
 She numbered each paper.(彼女は1枚1枚にページ番号をつけました。)


 ところで、「every day」は「毎日」、「every week」は「毎週」という意味ですが、「every」に数詞を続けて「~ごとに」という意味で使うことができます。
 このときの名詞は複数形になります。

 every four days(4日ごとに)
 every five hours(5時間ごとに)


「all」、「every」、「each」の3つの意味は全体を指します。
 ただし「every」と「each」は個々のものを考えに含みます。

 また「every」には「あらゆる」という意味があるので、比較的数の多いものに使います。
 それに対して数の少ないものには「each」を使います。
 そこで、あるものが2つしかない場合は、「each」を使うことになります。
 2つのものに多数の意味が強い「every」は、使うことができません。


Every dog has his day. は、「誰にも得意の時代がある。」という意味のことわざです。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます