英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>must 助動詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 must 助動詞

 「must」は「~をしなければならない」というように、「義務」を表します。
 「have to」とは違い、主観的な義務の意味があります。
 そこで、外からの要因による義務には「have to」、自身の義務には「must」を使うことになります。
 
たとえば、髪がのびて切らなければならないと考えている場合は、「must」を使うことになります。

 We must wait our turn.(順番を待たなければならない。)
 [turn = 順番]
 My car is very dirty. I must clean it.(車がひどく汚い。洗わなければ。)

 また「must」には「have to」と違い、過去形や未来表現がありません。
 語形変化がないので、普通は現在のことにしか使われません。

 時制の一致で「must」を過去形にしなければならないような場合でも、そのまま「must」を使います。


「must」の否定形は「must not」ですが、「~をしてはならない」という強い否定になります。
 これは「禁止」の意味です。

 You must not smoke here.
 (ここでタバコを吸うことは禁止です。)
 You must not break your promise.(約束を破ってはならない。)
 [break one's promise = 人の約束を破る]

 これに対して「don't have to」は「~をしなくてもいい」というように、「不必要」の意味をあらわす違いがあります。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます