英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>仮定法現在



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 仮定法現在

 まず次の例を見てください。

 ①I suggested that she leave at once.
 (彼女がすぐに出発することを提案した。)
 ②It is necessary that he go to bed early for his health.
 (健康を考えると彼は早く寝る必要があります。)

 これらの文で①の「she」に続く「leave」と、②の「he」に続く「go」を見ると、どちらも動詞の原形になっていますが、文法的には正しいです。
 それは「要求」や「提案」、「必要」をあらわす動詞や形容詞に続いている「that節」は、動詞の原形を使う「仮定法現在」にするからです。

 この場合に相当する動詞には「ask」、「recommend」、「require」などがあります。また形容詞には「desirable」、「essential」などがあります。

 I recommended that she confess her secret to him.
 (私は彼女が彼に秘密を告白するようにすすめた。)
 It is essential that my son get a doctor.
 (私の息子は博士号を取得することが不可欠です。)


 けれども、上のように仮定法現在を使うのは、主にアメリカ英語においてです。イギリス英語では代わりに「should」を使います。したがって上の例文について、イギリス英語では次のようになります。

 I recommended that she should confess her secret to him.
 It is essential that my son should get a doctor.


このように「要求」や「提案」、「必要」をあらわす動詞や形容詞の「that節」に仮定法(仮定法現在)が使われるのは、その動詞や形容詞の意味から「意志」が含まれるからです。
 要求や提案も実現されるのかは未定であり仮定的なことですが、それでも想像とは異なるので仮定法現在が使われるようになります。


最近ではイギリス英語でも「should」を省略して、仮定法現在を用いることが多くなってきています。
 また仮定法に対して、単に事実を言うことを「直説法」といいますが、イギリス英語では「should」を使わずに、直説法の動詞(普通の動詞)を使う場合もあります。

 I recommended that she confesses her secret to him.








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます