英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>A is no more B than C is D 比較



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 A is no more B than C is D 比較

 まず「no more than ~」ですが、これは「~にすぎない」や「~だけ」という意味で使うことができます。
 これは「only」と同じ意味になります。

 There were no more than twenty people in the conference.
 (「わずか」20人しか会議に出席しませんでした。)
 She did no more than smile at him.
 (彼女は彼に微笑んだだけだった。)
 I have no more than five dollars.
 (私は5ドルしか持っていません。)


 そして「A is no more B than C is D.」のかたちにすると、「AがBでないのは、CがDでないのと同じです。」という意味になります。
 これは「AがBでない」ことを伝えるために「CがDでない」ことを例に出して説明するときに使われます。

 A whale is no more a fish than a horse is.
 (くじらが魚でないのは、馬が魚でないのと同じことです。)
 I can no more play the piano than she can play the violin.
 (私がピアノを弾けないのは、彼女がヴァイオリンを弾けないのと同じです。)

A is no more B than C is Dの用法について A is no more B than C is Dの用法について



数詞に使うと「少なさ」を強調します。


「more」のかわりに「less」を使うと、反対の意味で「CがDであるのと同じでAはBです。」になります。
 She is no less pretty than her sister.
 (彼女は妹と同様にかわいらしい。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます