英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>prefer と rather than 比較



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 prefer と rather than 比較

 「prefer」は「~のほうを好む」という意味を持つラテン語由来の「動詞」です。
 比較の意味を含んでいるので、同じ「好む」という意味の動詞「like」とは感じが違います。そして比較をする場合は、「to」を使います。

比較のprefet...toの用法について 比較のprefet...toの用法について


 I prefer tea to coffee.(私はコーヒーよりもお茶のほうが好きです。)
 I prefer a fountain pen to a ball-point pen.
 (ボールペンよりも万年筆が好きです。)


 また、上の文は比較の対象に「名詞」だけを置いていますが、「動詞」を置くこともできます。
 その場合は「to+動詞の原形(to不定詞)」を「prefer」に続けます。
 しかし、2つ目の「to」には、そのまま動詞を続けることができません。後の「to」にも動詞を続けるためには、「rather than」を「to」の前に加えます。

比較のprefer...rather thanの用法について 比較のprefer...rather thanの用法について


 I prefer to stay here rather than to go there.
 (そこに行くよりもここにいたい。)
 I prefer to watch TV rather than to study.
 (勉強をするよりもテレビを見たい。)

× I prefer to stay here to go there.

 I prefer to stay here rather than to go there.



「prefer」の形容詞は「preferable」ですが、これに「to」を続けて比較の文を作ることができます。

 Poverty is preferable to solitude.
 (孤独よりは貧乏のほうがいい。)


2つ目の「to」に動詞を続けられないのは、その「to」が前置詞だからです。
 また、「rather than」を「to」の前に置くと、その「to」は省略することができます。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます