英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>senior to、junior to 比較級



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 senior to、junior to 比較級

 「senior」と「junior」はラテン語を由来とする比較級です。
 「senior」は「年上の」、「junior」は「年下の」という意味があります。
 そして比較をする場合は、「than」を使わずに「to」を使います。次はラテン語由来の、その他の比較級です。

 major(大きい方の)
 minor(小さい方の)
 superior(すぐれた)
 inferior(劣った)
 prior(前の)
 posterior(後ろの)

 He is five years senior to me.
 (彼は私よりも5歳年上です。)
 She is junior to me.(彼女は私よりも年下です。)
 You are superior to me.(あなたは私よりも優れています。)
 I am inferior to him.(私は彼よりも劣っています。)
 The constitution is prior to all other laws.
 (憲法は他の全ての法律に優先します。)


このようなラテン語の比較級は、語尾が「or」になっているのが特徴です。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます