英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>while 接続詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 while 接続詞

 「while」は「~をしている間」という意味です。
 2つの出来事が同時に進行していることを表します。

 これは接続詞なので、「while」の後は「主語+動詞」にします。

 She often ate meat while she was in Australia.
 (彼女はオーストラリアにいた間はよく肉を食べていました。)
 John came while you were away.(あなたがいない間にジョンが来ましたよ。)
 I watched TV while I was having tea.
 (私は紅茶を飲みながらテレビを見ました。)

 「while」の後の動詞が動作を表す動詞の場合は、進行形にするのが普通です。
 状態を表す場合(たとえばbe動詞を使ってShe was in Australia.)は、ある程度時間が継続していることを意味しています。これは「while」の意味に合うことになります。

 それに対して動作を表す動詞は、そのままでは継続の意味を持たないので、「while」の意味に合いません。そこで、進行形にして継続を表すようにします。
 上の I watched TV while I was having tea. の「while」の後は I had tea を進行形にしたものです。


 また、この文は I watched TV while having tea. にもすることができます。
 これは「while」の後の I was が省略されたものです。
 このように「while」の前後の主語が同じ場合は、「while」の後の主語とbe動詞がよく省略されます。最初の例文も次のようになります。

 She often ate meat while in Australia.(she was の省略です。)


「while」と同じ意味で「during」があります。
 そこで「while」は、「during」で書き換えることができます。
 しかし、「during」は接続詞ではなくて「前置詞」なので、「主語+動詞」ではなく「名詞」が後に置かれます。次は「during」の例です。

 I went to New Zealand during the summer vacation.
 (夏休みの間、私はニュージーランドに行きました。)
 I studied English during my stay in London.
 (ロンドンに滞在している間、私は英語を勉強しました。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます