英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>so ~ that so that構文



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 so ~ that so that構文

 「so+形容詞・副詞+that節(that+主語+動詞)」で、「(形容詞・副詞)なので、(that節)です」というような意味を表すことができます。
 たとえば I got up so early that I had a good time drinking coffee. は、「私はずいぶん早く起きたので、ゆったりとコーヒーを飲みました。」という意味になります。
 これは、「so」で「early」を強調してから、「that節」でそのために起きたことを説明している文になります。
 「that節」とは、「that+主語+動詞」のことです。

so thatの用法について so thatの用法について


 He is so poor that he can't buy anything.
 (彼は貧しいので何も買えません。)
 She sings karaoke so beautiful that I want to sing like her.
 (彼女はとてもきれいにカラオケを歌うので、私も彼女のように歌いたいです。)


 ところで、「so」の後は形容詞か副詞が続きますが(「so」は副詞なので)、名詞を続けたい場合はどうするでしょうか。
 その場合は「so」のかわりに「such」を使います。
そして「such」の後にその名詞を続けます。「that節」については、「so」の場合と同じでセットとして使います。

 It was such a fine day that we went for a walk.
 (天気がとてもよかったので、私達は散歩に行きました。)
 It was such a wonderful TV program that I saw it three times.
 (それはとてもいいテレビ番組だったので、私はそれを3回も見ました。)


この「so」は副詞です。「that」と一緒になって接続詞的に使います。
 また口語では「that」が省略されます。


「such」の後には名詞を続けることができます。
 また「such」の後の名詞がない「such that」も使われる場合があります。「such that」は、それだけで「とてもすごい」という意味があります。

 Her picture was such that she was awarded first prize.
 (彼女の絵はとても優れていたので、彼女は1位を授与されました。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます