英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>強調構文(分裂文)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 強調構文(分裂文)

 文のある部分を強調するために<It is+強調するもの+that…>の型を使うことができます。
 この「強調するもの」には主に名詞や代名詞を入れます。
 たとえば She went to the theater.「彼女は映画館に行きました。」の、「she」を強調したい場合は次のようになります。

 It is she that went to the theater.
 (彼女です、映画館に行ったのは。)


 また、「the theater」を強調したい場合は次のようになります。

 It is the theater that she went to.
 (映画館です、彼女が行ったのは。)

itによる強調構文について itによる強調構文について



「人」を強調する場合は、「that」を「who」に置き換えることができます。


このような文を「強調構文」といいます。
 また強調するものを「It is」の後に持ってきて、残りの文を「that」以下に分けることから、「分裂文」ともいわれています。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます