英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>used to 過去の習慣



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 used to 過去の習慣

 はっきりとした過去の習慣的な動作や状態をあらわすときは「used to」を使います。
 この「used to」は「以前はよく~をした」というように、現在と対比させた意味になります。
 これは、「以前はよく~をした(けれども現在はしていない)」という意味で使うことになります。
 したがって、現在も同じことを続けていることがわかっている場合は、この「used to」を使うことができません。
 「to」の後ろには動詞が続きます。

 I used to go skiing every Sunday in winter.
 (私は毎週日曜日にスキーに行ったものだ。)
 (現在はスキーに行っていないという意味が含まれます。)

 I used to live in Hakodate.(私はかつて函館に住んでいました。)
 (現在は函館に住んでいないという意味が含まれます。)


「used to」と似た形で「be used to」というのがあります。
 しかし、意味は全く違って「~に慣れている」です。形容詞の「accustomed」と同じです。(「be used to」の「to」は前置詞なので後ろには名詞や動名詞が続きます。)

 I'm used to driving.(私は運転に慣れています。)
 She is used to working in the office.
 (彼女はそのオフィスで働くことに慣れています。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます