英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>for と during 前置詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 for と during 前置詞

 「for」と「during」ですが、どちらも「~の間」というように、ある期間を表すことができます。
 「during」には、「the summer holidays」のような「特定される名詞」を続けるのが普通です。
 それに対して「for」には、「期間」の意味では特定される名詞を普通は続けません。
 「for」は、ある時間の長さがどのくらいかに重点を置きます。


 次は「for」の例です。

 He stayed for two days.(彼は2日間滞在しています。)
 We studied at a workshop for three weeks.
 (私達は講習会で3週間勉強しました。)


 次は「during」の例です。

 We stayed in Hawaii during the summer holidays.
 (夏休みの間、ハワイに滞在しました。)
 He slept during the concert.(彼はコンサートの間、寝ていました。)


「for a long time」には、「長い間」や「長時間」という意味があります。
 「for the time being」には、「さしあたり」や「しばらくの間」という意味があります。


特定される名詞ということで、「the」がつく名詞が「during」の後に続くことになります。
 また、期間の意味での「for」でも、「last」、「past」、「next」が加わると使うことができます。

 for the last(past) two decades(ここ20年間)
 for the next two years(向こう2年間)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます