英語喫茶~英語・英文法・英会話~
Sherry's Diary に設置している練習問題をあつめています。






・「いままでどこに行っていたのですか」と聞く
・「機嫌がいいです」と話す
・「階数」の言い方




・「いままでそれをどのくらいしていたのですか?」と聞く
・ある場所に到着するまでの時間を聞く




・天気について聞く
・気温について、暖かいかどうかを話す




・「それは~次第です」というように、何かによることを話す
・気温について、暖かいかどうかを話す




・どのくらいの頻度で、それをするのかを聞く
・「2日に1回、それをします」のように答える




・人に道を教えます




・席が空いているかどうかを聞く
・人に今の調子を聞く




・「それに違いない」というように、断定して話す
・「それをするしか仕方がない」と話す




・「~が私を~の気分にさせる」というように話す
・「もう行かないと」というように、別れるときのあいさつとして話す
・「どういたしまして」というように、相手の「ありがとう」にたいする答え




・「ここまでにしよう」というように、区切りをつける
・「久しぶりだね」と挨拶する
・人の顔に見覚えがあると話す
・何かに精通していると話す





・「独り言をいう」と話す
・「それはどうでもいいこと」というように、重要ではないと話す
・レストランなどでの注文の仕方
・ステーキの焼き加減について




・電話での話し方について
・「それはいかがですか」というように、人に何かすすめる
・「あのね」というように、話を切りだす
・「これはおごりです」と話す
・「これは割り勘です」と話す




・頼み事をするときの言い方
・「どういうつもりですか」というように、相手の意図を聞く




・「さあどうぞ」というように、何かを渡すときの表現
・「それが楽しみです」というように、何かを楽しみにしているときの表現
・「2日酔いです」など、気分が悪いときの表現




・「知っているよ」と話す
・偶然起こったことの言い方
・その人がどのような人なのかを聞く




・あることに「慣れた」ことを話す
・「~をしませんか」と相手を誘う
・「それは面白そうです」と同意する
・「大きなお世話です」と話す




・どこかへ行く途中であることを話す
・かつて何かをしていた(習慣として)ことを話す




・言い訳について
・それがどうしてわかったのかを聞く




・「どうしたのですか」と具合を聞く
・「じゃあね」とあいさつする
・何かをしたに違いない(過去の出来事について)というように、断定する




・何かをした後で、「それをするのではなかった」と後悔する
・起こったことにたいして、「それは当たり前です」と話す





・人の「そば」について
・何かに「加えて」について
・体調について「だんだんとよくなってきた」と話す




・話す時に「ちょっといいですか」と言う
・「遠慮がない」と言う
・「その通りです」と同意する




・別の話を切りだすために、「話は変わるけれど」と話す
・「はっきりとはわかりません」と言う
・「何を考えているのですか」と聞く
・「それで思い出した」というように、何かがきっかけで思い出したときに言う
・「結婚する」ことについて




・ある出来事にたいして、「信じられないよ」や「冗談でしょう」と言う
・何かが予想以上なので、それができないと話す
・「それをしたほうがいいです」というように、アドバイスをする




・「それをしても構いませんか」というように、相手に一言ことわる
・「それをするつもりです」というように、予定を話す
・「遠慮なくどうぞ」というように、相手を気づかって話す




・「よくわかりません」と言う
・あることに「自信があります」と言う
・「そうだといいのだけれど」というように、願望を話す
・「それをしてほしい」というように、相手にたいして話す




・「正直に言うと」というように、あらためて話すときに使う
・「やせる」と「太る」について
・「それより大きい」というように、比較を話す




・急いでいる相手に「何を急いでいるの?」と言う
・「そうこなくては」というように、相手に賛同する
・「間に合った」というように、時間に間に合ったときに話す
・「知らないかもしれないので言いますが」というようにして、相手に伝える
・「あなたなら大丈夫です」などのように、相手を励ます




・「もしも私があなただったら」というように、相手にアドバイスをする
・「気楽にね」というように、相手を励ます
・ある出来事について、「そうなったらどうしよう」というように話す




・おじけづいたときの表現
・「一か八かやってみろ」というように、相手を励ます
・何かを「話す」、何かを「する」ことについて





・何かを「しなかったの?」というように、否定文で相手に聞く
・喜びを表すことについて
・安心や心配を表すことについて




・「もしもそうなら」というように、条件的な表現をする
・あることについて「~だろうか」というように、不思議さを感じながら話す
・「その価値はあります」というように、あることにたいして評価をする




・「それが起きるといけないから」というように、何かに備えて話す
・「次があるよ」というように、失敗した相手を励ます
・残念さや悲しさを表すことについて




・「たとえそうだとしても~をする」というように表現する
・「それは本当ではない」と言う
・「むしろそれをしたい」というように、もう一方を好むときに話す




・「その代わりに」というように、何かの代わりに他のことをする表現
・「冷たくあしらわれる」という表現




・「昔と同じようにそれをしています」という表現
・人から何かを「してもらった」という表現
・何かの癖について「その癖があります」と話す




・「何かをしている間に、別のことをしているする」という表現
・「ひょっとしてそれをした(過去の出来事について)かもしれない」と話す




・何かをしたくて「うずうず」するときの表現
・「長い間会っていないような気がする」と話す
・「ちょっと待ってください」と話す




・考えについていけないときの表現
・「ほとんどの」という表現
・「そうですよね?」というように、確認的に質問する
・目的地までの距離や、程度について聞く




・「いつでも」や「たいてい」など、頻度について
・何かをもとめているときに、「どこでそれができますか」という表現





・「何が起きたですか」と聞く
・ある話題について、「誰がそれを話したのですか」と聞く
・「うわさを聞いた」など、うわさについて
・「はずかしいことに」という表現




・「それをしたことがありますか」というように、相手の経験を聞く
・「あなたはどうですか?」というように、相手の意見を聞く




・「この辺にそれがありますか」というように、あるものの場所を聞く
・「おれのこと?」というように、とぼける
・ある人を見かけませんでしたかと聞く




・「誰かをどこかへ連れて行く」という表現
・「お願いしてもいいですか」というように、相手に何かを頼むときの表現
・「約束をする」や「約束を破る」について




・「初めてです」というように、初めてやるときの表現
・何かを決めたときの表現
・何かを選ぶときの表現




・考えを話すときに、「私の言いたかったことは」と切りだす
・相手の話について「言いたいことはわかります」と答えてから、自分の意見を話す表現
・「あることをしてくれませんか」というように、相手に頼む




・「臨機応変にいく」と話す
・「考え直してみると」と切りだしてから、あらためて意見を話す
・「借りる」と「貸す」について




・あることにお金や時間を使う表現
・「見当がつきません」と話す
・「それをしない限り」という表現




・あるものについて「何の種類が好きですか」と聞く
・「私もです」といように、相手に賛同する
・「何が言いたいのですか」というように、相手に聞く




・「恥を知りなさい」と話す
・「らちがあかない」と話す
・「それをすすめます」というように、相手に何かをすすめる表現









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます