英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英語学習の豆知識>仮定法の基本的な意味について K-6 仮定法について



 英語学習の豆知識


K-6 仮定法について

a. 仮定法の基本的な意味について

 

   仮定法とは、「事実とは反することを述べるときに用いる」とされる。しかし、それはどういう場面なのかは、わかりづらいことがある。ここでは仮定法について、基本的な意味を説明する。

 まず、次の例を比較する。

(1)
a. If I am not ill, I can go to see the soccer game.
b. If I were not ill, I could go to see the soccer game.

 (1a)は条件文、(1b)は仮定法の文である。形式上の違いは過去時制を用いているかどうかである。

 さて、これらに日本語訳を付すると次のようになる。

(2)
a. If I am not ill, I can go to see the soccer game.
(私は病気でないのなら、そのサッカーの試合を見に行くことができます。)

b. If I were not ill, I could go to see the soccer game.
(私は病気でないのなら、そのサッカーの試合を見に行くことができるのに。)

 (2a)と(2b)について、日本語訳で表される微妙なニュアンスがわかるだろうか。(2a)は「病気でないなら見に行く」というように、これは単なる条件を表していることになる。しかし(2b)では「もし病気でなければ、見に行けるのに」というように、話し手の想像を表している。


 次の例も同様である。

(3)
If I were you, I would quit the job.
(私があなたなら、その仕事をやめるだろうに。)

 (3)において、話し手がyouであることはありえない。つまり事実とは反対のことを述べていることになる。そして「もしも私があなただったら」のように、これは話し手の想像を表していることになる。


 ここまで説明をして、もうだいぶ理解ができていることと思うが、つまり仮定法とは「想像的」とおさえるとわかりやすい。それに対して単なる条件文は、直接的で味気ないとも言える。
 そしてこの条件文と仮定法を区別するために、仮定法では過去時制が用いられることになる。



参照
「if」(もしも)(基礎からの英語学習Day56)
もしも~なら、~だろう(仮定法過去)(基礎からの英語学習Day74)
仮定法について(英語の時間的感覚Ⅱ)









<英語学習の豆知識目次へ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます