72回のレッスンで英文法を、ストーリーで英会話表現をマスターします。解説内容は大学の先生方による協力で作成しています。
英語喫茶〜英語・英文法・英会話〜
スマートフォン英語喫茶
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
英語を英文法と英会話で楽しむ
Yahoo! JAPAN 英語喫茶はヤフーに掲載されています。
・2005.1.18 教育>学習指導>英語
・2005.2.28 社会科学>言語学>英語
−著書向け確認問題−
−参考説明−
−英文法関係−
−英会話表現−
−英語の時間的感覚−
−小学校英語指導者−
−英語喫茶相互リンク−
−英語喫茶の運営管理者−
−旧版−

英語喫茶の内容は、北海道教育大学の先生方、函館大学の先生方等、大学の多数の先生方による協力により細部までチェックを入れて作成しております。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

英語喫茶が本になりました。
本のタイトルは、
基礎からの英語学習
です。

本書は主に次の方々を対象に執筆しました。
1. 英会話のための必要英文法を学習したい。
2. はじめての英文法を学習したい。
3. 大人になってから英文法の学習を始めたい。

本書の特徴です。
レッスンは90回。
無理がない1日の学習量
ネットでレッスンの確認ができるアドレス掲載
必要最低限の英文法習得と発展の手助け

 本書は、アマゾンや版元ドットコムでもご購入いただけます。
 よろしければ下記をクリックしてください。
アマゾンで購入
版元ドットコムで購入


英語喫茶モバイル
英語喫茶モバイルへのQRコード

英語喫茶のモバイル用サイト
QRコードを読み取ってください


RSS1.0へ
RSS2.0へ
Atomへ


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜





 
英語学習の参考説明


− H−4. 否定について −
a. think、suppose、believeなどの動詞と否定の関係について
 

   自分の考えていることを表すのには、think、suppose、believe、imagineなどの動詞が用いられる。これらの動詞はnotで主節の内容を否定しても、従属節の内容を否定しても、それほど意味が変わらない。では、普通はどちらの形が用いられるのだろうか。

(1)
a. I think it's a good idea.
(それは良い考えだと思う。)

b. I think it is expensive.
(それは高いと思う。)

 否定文においては、(1)は次のように表されるのが普通である。

(2)
a. I don't think it's a good idea.
(それは良い考えだとは思わない。)

b. I don't think it is expensive.
(それは高いとは思わない。)

 (2)で、notは主節の内容を否定していることになる。その意味は日本語訳に現れている通りだが、これに対して従属節の内容を否定した場合は次のようになる。

(3)
a. I think it isn't a good idea.
(それは良い考えではないと思う。)

b. I think it isn't expensive.
(それは高くはないと思う。)

 (3)は日本語訳にも現れている通り、従属節の内容を否定していることになる。(2)と(3)では、それほど意味の上において相違がないのだが、一般には(3)の場合、否定した従属節の内容を主張していることになるという。つまり自信を持った言い方とされる。これは(2)の言い方と比較した場合に言えることだが、そこで普通はその断言的意味の現れない(2)が用いられることになる。


 日本語で「それは高くはないと思う。」と言う場合、意味から考えると(3b)のように、英文の従属節を否定した言い方が適切のように思われるが、英語においてはさほど意味に差がなく、そして実際は(2b)のように主節の内容を否定する言い方が好まれる。
 次も同様である。

(4)
a. I don't believe I've met you before.
(あなたとは以前会ったことがないようですが。)

b. I don't suppose she will come.
(彼女は来ないと思う。)

 上の例においても、日本語訳では英文の従属節を否定した言い方になっているが、それにも関わらず主節の内容が否定される言い方のほうが多くなる。


 上のような動詞には、他にもexpect、want、intendなどがあるが、このように主節と従属節のどちらを否定しても意味がさほど変わらない動詞は、それほど多くはない。そして当然ながら、このような動詞以外では、主節と従属節を否定する場合に意味が異なる。

(5)
a. I didn't ask her to stay here.
(私は彼女にここにいるように頼まなかった。)

b. I asked her not to stay here.
(私は彼女にここにいないように頼んだ。)

(6)
a. I didn't tell her I stopped seeing you.
(私は彼女に会うのをやめたとあなたに言わなかった。)

b. I told her I didn't stop seeing you.
(私は彼女に会うのをやめなかったとあなたに言った。)









<英語学習の参考説明目次へ>


Copyright(c) 英語喫茶〜英語・英文法・英会話〜 : サイト内の文章・図の無断掲載を禁じます