英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英語学習の豆知識>be動詞と一般動詞 D-1 動詞について



 英語学習の豆知識


D-1 動詞について

b. be動詞と一般動詞

 

   be動詞とは、たとえば現在時制について言えば、am、is、areの3つがある。そしてそれ以外で用いられる動詞playやwork、liveなどは一般動詞とすることができる。この一般動詞については、様々に意味を持つ動詞から、その場面にあったのを選択して用いるだけで良いが、そうするとbe動詞とはどのような時に用いれば良いかということが、少なからず浮かぶ。そこでここではbe動詞について、少し説明を加えていくことにする。

 be動詞は、現在分詞(ing形の動詞)と共に用いられて進行形を作ったり、仮定法として用いられる。しかしbe動詞の意味について、簡単に言う場合、「人または物事においての関係、性質、状態を表す」とすることができる。

 たとえば、A is Bとした場合、「AはBだ」のように「A = B」の意味を持つことになる。

(1)
a. I am cold.
(私は寒いです。)

b. Tomorrow is Saturday.
(明日は土曜日です。)

c. She is a good teacher.
(彼女はよい先生だ。)

 上の例では、いずれもAとBが「=」の関係を持っていると言える。さらに場所や時を表す副詞を加えることで、次のように人や物の位置、または出来事も示す。

(2)
a. The meeting was last month.
(会議は先月にあった。)

b. He is from Hokkaido.
(彼は北海道出身です。)

c. The book is on the table.
(本はテーブルの上にあります。)



参照
動詞の種類(動作動詞と状態動詞)(英語の時間的感覚6)









<英語学習の豆知識目次へ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます