自然探訪と野鳥(英語喫茶写真店)

自然探索と野鳥別海町・根室市・浜中町ほか別海町>旧別海村営軌道風連線(植民軌道の風連線)




 自然探訪と野鳥(英語喫茶写真店)

 自然探訪と野鳥は、英語喫茶別館です。
 掲載している写真は、観光地に限っておりません。
 景勝ポイント等、北海道の興味深い個所を多数掲載しています。
 掲載個所の中には、簡単には行けないところも含まれていますので、写真だけを見て楽しんでください。

旧別海村営軌道風連線(植民軌道の風連線)

北海道野付郡別海町~北海道の簡易軌道、旧別海村営軌道風連線(植民軌道の風連線)
旧別海村営軌道風連線、別海駅跡(北海道野付郡別海町)
撮影取材日 2017年6月
(掲載日 2019年1月)

北海道野付郡別海町から、旧別海村営軌道風連線(植民軌道の風連線)です。
旧別海村営軌道風連線は、かつて北海道で活躍していた植民軌道の1つです。
植民軌道は、北海道の開拓のために敷かれた輸送路です。
根室地方の植民軌道は、1910年からの拓殖計画を推進するために、風連線を含め次々と作られました。

その後、1934年に中標津から厚床までの鉄道網(標津線)が開通し、植民軌道は次々と廃止されていきました。
風連線は、風連駅から厚床駅までを結んでいましたが、その動力は馬力でした。
標津線開通後も風連線は残され、1964年には北海道開発局により動力化もしました。
かつて厚床駅から結んでいた接続箇所は、奥行臼駅に変更されています。

かつて接続していた旧標津線(1989年に廃止)の奥行臼駅については、下記に掲載しています。
奥行臼駅(旧標津線)


北海道の開拓、生活に貢献してきた旧別海村営軌道風連線でしたが、道路網の整備などにより1971年3月に廃止されました。

写真は、旧別海村営軌道風連線の車両などが保存されている場所です。
広くはないところに、静かに保存されています。
旧別海村営軌道風連線、自走客車(北海道野付郡別海町)
保存されている車両の1つです。
自走式の客車です。
旧別海村営軌道風連線、ディーゼル機関車(北海道野付郡別海町)
自走式客車の後ろに置かれているのは、ディーゼル機関車です。
ディーゼル機関車は、主にミルクゴンドラ車やミルクタンク車などを牽引していました。
旧別海村営軌道風連線、ミルクゴンドラ車(北海道野付郡別海町)
そしてディーゼル機関車の後ろには、ミルクゴンドラ車が置かれています。
旧別海村営軌道風連線、転車台(北海道野付郡別海町)
こちらは、転車台の跡です。
旧別海村営軌道風連線、転車台を近くから撮影(北海道野付郡別海町)
転車台をそばから撮影したところです。



自然探訪と野鳥下ページ画像





Copyright(c) 自然探訪と野鳥(英語喫茶写真店)