自然探訪と野鳥(英語喫茶写真店)

自然探索と野鳥浦河町・広尾町・えりも町ほか様似町>幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク




 自然探訪と野鳥(英語喫茶写真店)

 自然探訪と野鳥は、英語喫茶別館です。
 掲載している写真は、観光地に限っておりません。
 景勝ポイント等、北海道の興味深い個所を多数掲載しています。
 掲載個所の中には、簡単には行けないところも含まれていますので、写真だけを見て楽しんでください。

幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク

北海道様似郡様似町~かんらん岩でできている渓谷、幌満峡エリア
幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク(北海道様似郡様似町)、天然記念物幌満ゴヨウマツ自生地
撮影取材日 2016年5月

北海道様似郡様似町から、幌満峡エリアです。
幌満峡エリアは、アポイ岳ジオパークに指定されている中の1つのエリアです。
アポイ岳東方に位置する、およそ8kmわたって続くかんらん岩の渓谷です。

幌満川沿いに続く渓谷である、幌満峡エリアには7つのジオサイトが点在しています。
上の写真は、3つめのジオサイト(A3)です。
記念碑には「天然記念物幌満ゴヨウマツ自生地」とあります。
このあたりは、キタゴヨウの北限自生地として1943年に国の天然記念物に指定されています。
幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク(北海道様似郡様似町)、天然記念物ゴヨウマツ自生地の裏に広がる渓谷
上の写真にある記念碑の裏側に続く小道を下って行きます。
するとかんらん岩でできた渓谷を近くに見ることができます。
幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク(北海道様似郡様似町)、天然記念物ゴヨウマツ自生地の裏に広がる渓谷の風景、上流方向
渓谷の上流の方向を見たところです。
幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク(北海道様似郡様似町)、天然記念物ゴヨウマツ自生地の裏に広がる渓谷の風景、下流方向
こちらは下流の方向を見たところです。
幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク(北海道様似郡様似町)、幌満川稲荷神社
こちらの写真は6つめのジオサイト(A6)から、幌満川稲荷神社です。
幌満川稲荷神社は、渓谷に水力発電所を建設した企業によって建立されました。
幌満峡エリアの林道沿いに、このような赤い鳥居が建っています。

ここから少し先に上ったところの河岸には、かんらん岩が露頭しているところがあります。
幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク(北海道様似郡様似町)、かんらん岩の露頭
上の写真は林道から眺めたところです。
木々によってよく見えませんが、河岸に真っ白なかんらん岩が露頭しています。
幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク(北海道様似郡様似町)、かんらん岩の露頭をクローズアップで
こちらはかんらん岩の露頭を少しクローズアップしたところです。
幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク(北海道様似郡様似町)、かんらん岩の露頭を別の角度から撮影
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
こちらは別の角度からかんらん岩を見たところです。
幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク(北海道様似郡様似町)、かんらん岩の露頭を別の角度からクローズアップで
そこから見えているかんらん岩をクローズアップしたところです。
幌満峡エリア アポイ岳ジオパーク(北海道様似郡様似町)、ジオサイト7番目の幌満川ダム
幌満峡エリア7番目のジオサイト(A7)は、幌満川第3ダムです。
幌満川第3ダムは、幌満峡エリアの終わりに建っています。

ここはかんらん岩の端にあたり、ここより上流部からは異なる地質が広がっています。


幌満川第3ダムについては、次に掲載をしています。
幌満川第3ダム



自然探訪と野鳥下ページ画像





Copyright(c) 自然探訪と野鳥(英語喫茶写真店)