英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-
はじめに
0.1
0.2
1.1.1
1.1.2
1.1.2.1
1.1.2.2
1.1.2.3
1.1.2.4
1.1.3
1.2.1
1.2.2
1.2.3
1.2.4
1.3
2.1
2.2.1
2.2.2
2.2.2.1
2.2.2.2
2.2.2.3
2.2.3
2.3.1
2.3.2
2.3.3
3.1.1
3.1.2
3.1.2.1
3.1.2.2
3.1.2.3
3.2
3.3.1
3.3.2
3.3.3
3.3.4
3.4
4.1.1
4.1.2
4.2.1
4.2.2
4.2.3
4.3.1
4.3.2
4.4.1
4.4.2
4.5.1
4.5.2
4.5.3
4.6
5.1
5.2
5.3
6.1
6.2.1
6.2.2
6.2.3
6.2.4
6.2.5
6.3.1
6.3.2
6.3.3
6.3.4
6.4.1
6.4.2
6.4.3
6.4.4
6.5
7.1
7.2.1
7.2.2
7.3
8.1.1
8.1.2
8.1.3
8.2.1
8.2.2
8.3
まとめ

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 英語の時間的感覚Ⅱ

参考文献-英語の時間的感覚Ⅱ

参考文献

 

Allen, R.L.(1966) The Verb System of Present-Day American English, Mouton & CO.
荒木一雄(1984) 『英文法用例辞典』研究社出版
--.(1997) 『新英文法用例辞典』研究社出版
荒木一雄、安井稔(1992) 『現代英文法辞典』三省堂
安藤貞雄(1983) 『英語教師の文法研究』大修館書店
--.(1985) 『英語教師の文法研究(続)』大修館書店
--.(2005) 『現代英文法講義』開拓社
Bryan, W.F.(1936)中條和夫(訳)(1959) 「現代英語の過去と完了」『英語学ライブラリー(37)』研究社出版
Close, R.A.(1977)齊藤俊雄(訳)(1980) 『クロース現代英語文法』研究社出版
Comrie,B.(1980)山田小枝(訳)(1988) 『アスペクト』むぎ書房
--.(1981) On Reichenbach’s Approach to Tense, Papers from the Seventeenth Regional Meeting, Chicago Linguistic Society pp.24-30
--.(1985) Tense, Cambridge University.
Curme, G.O.(1931) A Grammar of The English Language Vol.Ⅲ. Syntax, D.C.Heath and Company
--.(1947)貴志謙二(訳)(1954) 『カーム英文法』篠崎書林
Declerck, R.(1991) Tense in English, Routledge.
江川泰一郎(1991) 『英文法解説』金子書房
Elsness, J.(1997) The Perfect and the Preterite in Contemporary and Earlier English, Mouton de Gruyter.
福村虎治郎(1954) 「時制と態」『英文法シリーズ11』研究社出版
Hatcher, A.G.(1951)笠井満(訳)(1959) 「進行形の用法」『英語学ライブラリー(35)』研究社
樋口万里子(2003a) 「現在完了形と現在」『英語青年』June 1. 研究社pp.180-181.
--.(2003b) 「英語の完了形と時間副詞句」『九州工業大学情報工学部紀要. 人間科学篇』九州工業大学pp.13-38
Jespersen, O.(1933a) Essentials of English Grammar, George Allen & Unwin.
--.(1933b)中島文雄(訳)(1962) 『エッセンシャル英文法』千城書房
--.(1949) A Modern English Grammar Ⅳ, George Allen & Unwin.
柏野健次(1999) 『テンスとアスペクトの語法』開拓社
工藤真由美(1995) 『アスペクト・テンス体系とテクスト-現代日本語の時間の表現-』ひつじ書房
熊谷隆司(2006) 「歴史的現在の時間表示について-Reichenbachの時間表示を用いて-」『函館英文学(45)』函館英語英文学会
熊谷隆司・上山恭男(2006) 「Reichenbachの未来表現の時間表示について」『北海道教育大学紀要 人文科学・社会科学編57巻1号』
--.(2007) 「過去時制による現在完了の代用について」『北海道教育大学紀要 人文科学・社会科学編第57巻2号』
Leech, G.N.(1971a) Meaning and The English Verb, Longman
--.(1971b)國廣哲彌(訳)(1976) 『意味と英語動詞』大修館書店
--.(1987)澤田浩美(注釈)(1994) Meaning and the English Verb 2nd ed, ひつじ書房
桝井迪夫(1954) 「SHALLとWILL」『英文法シリーズ14』 研究社
町田健(1989) 『日本語の時制とアスペクト』アルク
松村瑞子(1996) 『日英語の時制と相-意味語用論的観点から-』開文社出版
水谷信子(1985) 『日英比較 話しことばの文法』くろしお出版
太田朗(1954) 「完了形・進行形」『英文法シリーズ12』研究社出版
--.(1972) Tense correlations in English and Japanese, TESOL pp.121-134
Palmer, F.R.(1965)安藤貞雄(訳)(1972) 『英語動詞の言語学的研究』大修館書店
--.(1976) The English Verb, Longman.
Quirk, R. et al.(1985) A Comprehensive Grammar of the English Language, Longman
Reichenbach, H.(1947) Element of Symbolic Logic, The Macmillan company
寺村秀夫(1984) 『日本語のシンタクスと意味 第Ⅱ巻』くろしお出版
Wolfson, N.(1982) The Conversational Historical Present in American English Narrative, Foris.
鷲尾龍一、三原健一(1997) 「ヴォイスとアスペクト」『日本語比較選書7』研究社
吉川千鶴子(1995) 『日英比較 動詞の文法』くろしお出版
安井稔(1982) 『英文法総覧』開拓社


英和・英英辞書・コーパス
British National Corpus(BNC)
Longman Advanced American Dictionary(2000) Longman
ジーニアス英和大辞典(2001) 大修館
ランダムハウス英和大辞典(1994) 小学館
新英和大辞典(2002) 研究社


英語の時間的感覚









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます