英語喫茶~英語・英文法・英会話~
 英語喫茶のサイト内検索 英語の時間的感覚Ⅰ

英語喫茶英語の時間的感覚Ⅰ>自然の成り行きと丁寧表現



自然の成り行きと丁寧表現-英語の時間的感覚Ⅰ

 

4.4.2. 自然の成り行きと丁寧表現

 willに一人称主語を用いた場合は意志の意味が現れやすい。次の例では、話し手の意志が現れている。

 (17) I'll go out soon.
   (私はまもなく出かけます。)

 そこで、Can I talk to you for a minute? と聞かれた後に答えた場合は、相手に対し多少強い調子で断ることにもなる。


 ところで、前節で述べた自然の成り行きの用法とは話し手の意志とは関係なく生じる出来事を表すが、このことはwillに進行形を用いることで意志の意味を打ち消すことができることにつながる。そこで次の例をみてみよう。

 (18)
  Can I talk to you for a minute?
  (少し時間がありますか。)
  I'll be going out soon.
  (まもなく出かけることになっています。)

 上の例では(17)のI'll go out soon. に進行形を用いているが、そのために意志の意味が現れていない。この場合、話し手の意志とは関係のない、いわば何らかの約束があるために、仕方なく出かけなければならないという意味を持ちながら断ることが可能になる。



英語の時間感覚カット











Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます