英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
-英会話表現-
Page1
Page2
Page3
Page4
Page5
Page6
Page7
Page8
Page9
Page10
Page11
Page12
Page13
Page14
Page15
Page16
Page17
Page18
Page19
Page20
Page21
Page22
Page23
Page24
Page25
Page26
Page27
Page28
Page29
Page30
Page31
Page32
Page33
Page34
Page35
Page36
Page37
Page38
Page39
Page40
Page41
Page42
Page43
Page44
Page45
Page46
Page47
Page48
Page49
Page50
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 やさしい英会話の表現

英語喫茶やさしい英会話の表現突然の来客 Page22>遠慮、その通りです 練習問題解説Page22-2




 やさしい英会話の表現練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1. He doesn't ( ).
(彼は遠慮のないところがあります。)

2. Please ( ).
(気楽にしてください。)

3.
A:The concert was awful.
(そのコンサートはひどかったですね。)
B:You can ( ).
(全くですよ。)

4.
A:She never shuts up.
(彼女はだまることを知りません。)
B:( ).
(全くその通りです。)


解答です

1. stand on ceremony
2. don't stand on ceremony
3. say that again
4. You can say that again


解説です

 ここでは2つの表現についての問題になっています。
 問題1と2は、「気楽にしてください。」という表現についてです。
 問題3と4は、「あなたの言う通りです。」という表現についてです。

問題1について
 問題文の日本語訳は「彼は遠慮のないところがあります。」とあります。問題文の( )に相当するのは、この「遠慮」の部分になります。
 stand on ceremonyは、「形式ばる」という意味です。これを否定文の中で使います。
 He doesn't stand on ceremony.


問題2について
 問題文はPleaseから始まっています。日本語訳は「気楽にしてください。」です。
 stand on ceremonyは「形式ばる」という意味ですが、これを否定文で使うと「形式ばらない」という意味になります。
 これは「遠慮のない」という意味でもありますが、そこから「気楽にしてください」という表現にすることもできます。
 Please don't stand on ceremony.


問題3について
 問題文は会話形式になっています。
 Aに対するBの回答は「全くですよ。」ですが、これは同感を表す表現です。
 この場合の文の形式は決まっています。
 You can say that again. で「全くそのとおりです。」という意味になります。

 問題文でBの回答はYou canまでがすでにありますので、( )にはsay that againが入ります。
 You can say that again.


問題4について
 この問題も上の問題3と同様の表現です。
 問題は会話形式で、Bの回答はAに対する同感です。
 You can say that again.









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます