英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
-英会話表現-
Page1
Page2
Page3
Page4
Page5
Page6
Page7
Page8
Page9
Page10
Page11
Page12
Page13
Page14
Page15
Page16
Page17
Page18
Page19
Page20
Page21
Page22
Page23
Page24
Page25
Page26
Page27
Page28
Page29
Page30
Page31
Page32
Page33
Page34
Page35
Page36
Page37
Page38
Page39
Page40
Page41
Page42
Page43
Page44
Page45
Page46
Page47
Page48
Page49
Page50
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 やさしい英会話の表現

英語喫茶やさしい英会話の表現捨てられた猫 Page17>かつてそれをしていました 練習問題解説Page17-2




 やさしい英会話の表現練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1. I ( ) play the violin.
(私はかつてヴァイオリンを弾いていました。)

2. You ( ) shy.
(あなたはかつてはずかしがりやでした。)

3. He ( ) in Russia.
(彼はかつてロシアに住んでいました。)


解答です

1. used to
2. used to be
3. used to live


解説です

 「以前は~だった」というように、過去の習慣等を表す表現についてです。
 使う形は決まっていて、used toを使います。usedは動詞ですので、主語の後ろにused toが置かれます。
 used toの後ろには動詞の原形を置いていきます。これがかつての習慣や状態を表すことになります。

問題1について
 日本語訳では「私はかつてヴァイオリンを弾いていました。」とあります。
 問題文のplay the violinですが、playは動詞です。これで「ヴァイオリンを弾きます。」という意味を表すことができます。
 これにI used toを加えることで、「かつてヴァイオリンを弾いていた。」という意味にすることができます。
 I used to play the violin.


問題2について
 日本語訳ですが、「あなたはかつてはずかしがりやでした。」とあります。
 この「はずかしがりや」についてはshyで表すことができます。shyについては問題文にあります。
 used toの後ろには動詞の原形を置きますが、これにshyを加える場合は「状態」を表すことができるbe動詞を用いることができます。
 be動詞の原形はbeですから、used to beという形が用いられます。
 You used to be shy.


問題3について
 日本語訳を見ると「彼はかつてロシアに住んでいました。」とあります。この「かつて」というところからused toを使う文であることがわかります。
 問題文ではin Russiaとありますが、これにliveを加えたlive in Russiaで「ロシアに住む」という意味になります。
 そこでliveをused toの後ろに置くことで文を作ることができます。
 He used to live in Russia.









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます