英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
-英会話表現-
Page1
Page2
Page3
Page4
Page5
Page6
Page7
Page8
Page9
Page10
Page11
Page12
Page13
Page14
Page15
Page16
Page17
Page18
Page19
Page20
Page21
Page22
Page23
Page24
Page25
Page26
Page27
Page28
Page29
Page30
Page31
Page32
Page33
Page34
Page35
Page36
Page37
Page38
Page39
Page40
Page41
Page42
Page43
Page44
Page45
Page46
Page47
Page48
Page49
Page50
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 やさしい英会話の表現

英語喫茶やさしい英会話の表現主人のこと Page15>でしょう、偶然に 練習問題解説Page15-1




 やさしい英会話の表現練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1.
A:This starts next week.
(これは来週始まりますよ。)
B:( ).
(知っているよ。)

2. ( ) would have it, my keeper is also teacher.
(偶然にも、私の飼い主も教師です。)

3. I ( ) Pina.
(私は偶然ピーナに会いました。)

4. ( ).
(私は彼にばったり会った。)


解答です

1. I know
2. As chance
3. bumped into
4. I bumped into him


解説です

 この問題は「知っているよ」という意味の表現と、「偶然~した」という意味の表現についてです。
 「知っているよ」は、I know. だけで表すことができます。

 また「偶然にも」という意味では、as chanceを使うことができます。
 「偶然に誰かに会う」という表現はbump intoを使って表すこともできます。

問題1について
 問題は会話形式になっています。Aが話した内容について、「すでに知っています」という形で答えます。
 この場合I know. だけで表すことができます。
 I know.


問題2について
 問題文の前の方ですが、( ) would have itとなっています。
 この文については形が決まっていて、( )にはas chanceが入ります。
 As chance would have it, my keeper is also teacher.

 上のAs chance would have itの部分で、「偶然にも」という意味を表しています。


問題3について
 この問題と次の問題4については、偶然誰かに会うという表現です。
 この場合動詞としてbump intoを使います。
 この問題ではI(私)が、Pina(ピーナ)に会うという意味です。
 そこで( )の中にはbump intoが入ることになりますが、日本語訳にあるように過去のことを表していますので、bump intoも過去形にしてから( )に入れてください。
 I bumped into Pina.


問題4について
 問題3に続きこの問題も、偶然誰かに会うという文です。
 日本語訳は「私は彼にばったり会った。」となっていますので、主語はIになります。
 会う相手は彼ですので、bump intoの後ろにはhimを置きます。
 I bumped into him.

 この問題も過去のことを表しているので、解答ではbump intoをbumped intoにします。









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます