英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶てはじめの英語学習助動詞の基本③ 6日目>mustについて 選択式確認問題の解説




 記述式練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式2  推量のmustについて




解説です

 「must」で「推量」の意味を表す文の作り方です。
 「must」は「義務」を表すために使うことができますが、「推量」を表すこともできます。「~に違いない」という強い意味の推量になります。

 型はmust beの形で使われることが多いです。「be」の後には形容詞などを続けていきます。


問題1について
 解答は次のようになります。
 You must be delighted and excited.

 主語は「You」です。その後にmust beを続けていきます。
 「must」は助動詞ですので、主語に関係なく「must」を置いていきます。
 また「must」の後は動詞の原形を置くことになっています。「be」はbe動詞の原形になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 You must be tired.

 主語「You」の後に、must beを置いていきます。
 「tired」は「疲れた」という意味の形容詞です。
 You must be tired. で、「あなたは疲れているに違いない。」という意味です。


問題3について
 解答は次のようになります。
 You must be very hungry.

 主語の「You」の後に、must beを置いていきます。この後に形容詞などを置きますが、「hungry」は「空腹の」という意味の形容詞です。
 You must be very hungry. で、「あなたはとても空腹に違いない。」という意味です。


問題4について
 解答は次のようになります。
 He must be all right.

 主語は「He」です。三人称単数形ですが、助動詞の「must」をそのまま続けていきます。
 すると、He must beとなっていきます。

 また、all rightは「申し分ない」や「心配のいらない」という意味の形容詞です。


問題5について
 解答は次のようになります。
 She must be about eighteen.

 主語が「She」で、その後にmust beを続けていきます。
 She must be about eighteen. で「彼女はおよそ18歳に違いない。」という意味になります。









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます