英語喫茶~英語・英文法・英会話~


旧士幌駅(旧士幌線)

北海道河東郡士幌町~士幌線で最初に開通した駅、士幌駅
士幌駅(士幌線)、士幌線広域図(北海道)
撮影取材日 2016年5月

北海道河東郡士幌町から、旧士幌駅(旧士幌線)です。
士幌駅は士幌線の中の1つの駅でした。
士幌線は帯広市の帯広駅から上士幌町の十勝三股駅までの78.3kmを結んでいました。

士幌線の最初の開通は1925年で、帯広駅から士幌駅までを結びました。
その後1939年に十勝三股駅まで延長され、全線開通となりました。

しかしながら利用客減少のため、1987年に廃止となりました。
最初の開通から62年間、全線開通から48年間の歴史でした。

今回は廃止となった駅の1つである、士幌駅について掲載しています。
士幌駅(士幌線)、士幌駅詳細図(北海道)
帯広駅から十勝三股駅までには17の駅がありました。
帯広駅は現在でも営業していますが、他の16駅は廃止となりました。

今回掲載している士幌駅は、帯広駅から7番目の駅になります。
士幌駅(士幌線)、士幌駅の駐車場から(北海道河東郡士幌町)
上の写真は、保存展示されている士幌駅の前からです。
士幌駅利用客の最高は、一日平均533人でした。
士幌駅(士幌線)、士幌駅の駅舎正面(北海道河東郡士幌町)
士幌駅舎の全体像です。
きれいに保存されています。
士幌駅(士幌線)、士幌駅の駅舎のホーム側(北海道河東郡士幌町)
士幌駅舎を抜けて、ホーム側に出たところです。
ホームとレールが残されています。
士幌駅(士幌線)、士幌駅の駅舎と列車(北海道河東郡士幌町)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
レールには列車も保存展示されています。
士幌駅(士幌線)、士幌駅の駅舎と列車の全体像(北海道河東郡士幌町)
駅舎前の列車の全体像です。
取り扱った貨物の最高は1970年で、83,000トンでした。
士幌駅(士幌線)、士幌駅の駅舎と列車を後ろ側から(北海道河東郡士幌町)
列車の後ろ側から、駅舎とホームを入れて撮影したところです。



景勝探訪と学習の息抜き下ページ画像



Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます