英語喫茶~英語・英文法・英会話~


旧新内駅(旧根室本線)

北海道上川郡新得町~新線建設のために廃止となった、旧新内駅(旧根室本線)
旧新内駅(旧根室本線)、旧根室本線概略図(北海道上川郡新得町)
撮影取材日 2016年7月

北海道上川郡新得町から、旧新内駅(旧根室本線)です。
旧新内駅は、旧根室本線の中にあった、ただ1つの駅です。
旧根室本線は1907年に開通し、新得町の新得駅と、南富良野町の落合駅を結んでいました。
しかし旧根室本線は狩勝峠をとおっていたため、急勾配や急カーブなどが障害となっていました。

その後1966年に同駅間を結ぶ新線が開通し、同時に狩勝峠をとおっていた旧線が廃止となりました。
旧新内駅(旧根室本線)、旧根室本線詳細図(北海道上川郡新得町)
上の図で赤い線が旧根室本線になります。
新得駅と落合駅は営業中の駅で、その間を結ぶのが現在の根室本線です。

旧根室本線は狩勝峠をとおり、落合駅側から峠を抜けたあたりで新内駅があります。
旧根室本線が通る峠の難所は、日本三大車窓の1つとして数えられていました。
旧新内駅(旧根室本線)、新内駅の構内(北海道上川郡新得町)
新内駅の構内からです。
「新内駅」と書かれた駅名標が置かれています。
下には左方向に「まりも橋」、右方向に「新内隧道」とあります。
左方向のまりも橋付近では、かつて大きな脱線事故を起こした歴史があります。
右方向の新内隧道は、狩勝峠をとおるトンネルの1つです。
旧新内駅(旧根室本線)、新内駅の蒸気機関車(北海道上川郡新得町)
新内駅に保存されている蒸気機関車です。
その前から撮影したところです。

また新内駅では、「狩勝高原エコトロッコ鉄道」としてトロッコの運行がされています。
旧新内駅(旧根室本線)、新内駅の蒸気機関車と駅舎(北海道上川郡新得町)
蒸気機関車のそばから撮影したところです。
後ろには客車も保存展示されています。
奥に見える木造の建物は、新内駅舎です。

この蒸気機関車は9600形で、1922年に製造されました。
その後、根室本線、釧網本線、広尾線、士幌線を走り、1975年に廃車となっています。
走行距離はおよそ254万kmになります。
旧新内駅(旧根室本線)、新内駅の駅舎(北海道上川郡新得町)
新内駅の駅舎です。
旧根室本線は、2009年に経済産業省から「近代化産業遺産」に認定されています。
旧新内駅(旧根室本線)、新内駅の駅舎と駅名看板(北海道上川郡新得町)
駅舎の上に掲げられている駅名看板です。
旧新内駅(旧根室本線)、新内駅の保存展示車両(北海道上川郡新得町)
保存展示されている客車の後ろ側から撮影したところです。
旧新内駅(旧根室本線)、新内駅の保存展示車両全体像(北海道上川郡新得町)
こちらは少し離れたところから撮影した、保存展示されている車両の全体像です。



景勝探訪と学習の息抜き下ページ画像



Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます