英語喫茶~英語・英文法・英会話~


茂辺地自然体験の森(夏の再訪編)

北海道北斗市~荒い岩が広がる憩いの場、茂辺地自然体験の森(夏の再訪編)
茂辺地自然体験の森(夏の再訪編)、見晴憩いの場(北海道北斗市)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
撮影取材日 2015年7月

北海道北斗市から、茂辺地自然体験の森(夏の再訪編)です。
茂辺地自然体験の森は、茂辺地市街地から道道上磯厚沢部線をとおり山の中へ入ります。およそ10kmで見えてきます。
3つのエリヤやハイキングコースが整備されている、自然を体験する場となっています。

今回は夏に訪れた見晴憩いの場エリアを掲載しています。
2007年以来の再訪をした風景です。
茂辺地自然体験の森(夏の再訪編)、見晴憩いの場と盤の沢(北海道北斗市)
水量は多く、流れも速めです。
茂辺地自然体験の森(夏の再訪編)、見晴憩いの場を眺めて(北海道北斗市)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
荒々しい岩が見える風景です。
見晴憩いの場は、北斗市の山の中「盤の沢」に位置します。
茂辺地自然体験の森(夏の再訪編)、見晴憩いの場の下流の先ほうから(北海道北斗市)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
そこから少し下流のほうへ近づいたところからです。
茂辺地自然体験の森(夏の再訪編)、見晴憩いの場の下流の先ほうから別角度から(北海道北斗市)
少し方向を変えたところからです。
茂辺地自然体験の森(夏の再訪編)、見晴憩いの場の深くえぐられた川を下流から撮影(北海道北斗市)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
深くえぐられた川を、下流の方から撮影した眺めです。



景勝探訪と学習の息抜き下ページ画像



Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます