英語喫茶~英語・英文法・英会話~


百人浜(北海道幌泉郡えりも町)

北海道幌泉郡えりも町~名前の由来には諸説ある眺望、百人浜
百人浜、百人浜の入り口から(北海道幌泉郡えりも町)
撮影取材日 2016年5月

北海道幌泉郡えりも町から、百人浜です。
百人浜は、襟裳岬から10km続く砂浜です。
そこには緑化事業による黒松林が広がっています。

百人浜の名前の由来には、200年前に南部藩の大型船が東の蝦夷地に向かう途中で暴風雨に遭ったことがあります。
船には100人余りが乗船していたといいますが、遭難後に浜にたどりついた者も飢えと寒さで皆息絶えたといいます。

ただ名前の由来にはこればかりではなく、諸説あります。

上の写真は、百人浜の黒松林と展望塔への入り口です。
百人浜、百人浜の入り口と展望塔(北海道幌泉郡えりも町)
百人浜には緑化事業による黒松林が広がっています。
襟裳岬には、かつて原生林が広がっていました。
しかし開発が続き、そこに襟裳岬特有の強風が重なって砂漠化が進みました。

そのため昭和28年から緑化事業が始まり、今では緑で覆われる場所になりました。

上の写真に見えている塔は、緑化事業観察塔です。
百人浜、百人浜の砂浜と草原(北海道幌泉郡えりも町)
入口から少し歩いたところで開ける草原です。
百人浜、百人浜の砂浜(北海道幌泉郡えりも町)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
そこから海へ出たところです。
砂浜が長く続いています。
百人浜、百人浜の緑化事業展望塔(北海道幌泉郡えりも町)
こちらは入口と砂浜の間にある、展望塔です。
百人浜、百人浜の緑化事業展望塔からの風景(北海道幌泉郡えりも町)
展望塔の上から眺めた景色です。
黒松の林が広がっています。
百人浜、百人浜の緑化事業展望塔からの襟裳岬(北海道幌泉郡えりも町)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
眺める方角を少し変えたところです。
海岸線の奥に見えるのは、襟裳岬になります。
百人浜、百人浜の緑化事業展望塔からの海側の風景(北海道幌泉郡えりも町)
もう少し海側へ眺めを移したところです。
百人浜、百人浜の緑化事業展望塔からの悲恋沼と日高の山々(北海道幌泉郡えりも町)
この写真は大きいサイズで表示できます。
(クリックで拡大と元のサイズを表示)
こちらは海側とは反対側の風景です。
日高の山々と緑の風景です。
左に見えるのは悲恋沼です。


悲恋沼については次に掲載しています。
悲恋沼



景勝探訪と学習の息抜き下ページ画像



Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます