英語喫茶~英語・英文法・英会話~


                                                                                                                                                                                                                                                               

八郎沼公園

北海道北斗市向野~秋の、八郎沼公園
キムンドの滝(北海道有珠郡壮瞥町仲洞爺)
撮影取材日 2011年10月

北海道北斗市向野にあります、八郎沼公園からです。
八郎沼は、1880年に牧場経営のために、開拓使が牛馬の水飲み場として池を掘ったのが始まりとされているようです。

大正になってから、水田用水の確保と鯉の養殖のために、中村長八郎という人物が池を拡張しました。それが八郎沼の原型になっています。

彼の死後、この人口湖を「八郎沼」と呼ぶようになりました。その後、公園として整備されています。


八郎沼の案内板(北海道北斗市)
八郎沼公園の案内板です。
秋の、八郎沼公園です。

八郎沼の由来(北海道北斗市)
八郎沼公園の由来について書かれています。

八郎沼の入口付近(北海道北斗市)
八郎沼の入口付近から。

八郎沼の入口付近と橋(北海道北斗市)
赤い橋から始まり、湖畔を歩いてまわることができます。

八郎沼の入口付近と紅葉(北海道北斗市)
橋の付近から。秋の紅葉です。

八郎沼の入口付近と水面の紅葉(北海道北斗市)
水面に映る紅葉です。

八郎沼の橋とかも(北海道北斗市)
橋を渡ります。そばでカモが休んでいます。

八郎沼の橋を渡ったところ(北海道北斗市)
橋を渡ったところです。

八郎沼の橋を渡ったところと湖面(北海道北斗市)
左に視線を移して。

八郎沼の遊歩道(北海道北斗市)
湖畔を歩いて回る遊歩道は、このような感じです。
ここは紅葉が良いところでした。

八郎沼の遊歩道と紅葉(北海道北斗市)
視線を上に向けて。

八郎沼の湖畔と遊歩道(北海道北斗市)
しばらく歩いたところからの湖面です。

八郎沼の湖畔と夕日(北海道北斗市)
日差しがだいぶ傾いています。

八郎沼の湖畔、入口から反対側(北海道北斗市)
最初の橋から、ほぼ対岸になります。

八郎沼の湖畔、戻りながらの紅葉(北海道北斗市)
歩いてきた遊歩道と紅葉です。

八郎沼の湖畔、戻りながらの紅葉、進みながら(北海道北斗市)
歩いて進みながら、紅葉を眺めます。

八郎沼の湖畔、戻りながらの紅葉、青い空(北海道北斗市)
天気が良い日です。空も青いです。

八郎沼の湖畔、戻りながらの紅葉、湖面に映える紅葉(北海道北斗市)
湖畔に映える紅葉です。




八郎沼公園(北海道北斗市)



Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます