英語喫茶モバイル看板




英語の時間的感覚Uの目次へ


3.現在時を中心として左側の時間帯U
3.1. 現在完了形の基本的な用法

 過去の時間帯に生じた出来事を表すための過去時制については、前章で述べた通りである。
 ここでは、過去時制とよく比較され、日本語話者にとって理解が容易ではない現在完了形について述べていく。




3.1.1. 現在完了形の時間表示

 現在完了形とは過去時制と同様に、表す出来事は過去に生じたことである。しかし、過去時制とは対照的にその出来事は、現在にまで何らかの影響が話し手の心境に残っていることを意味として含んでいる。この現在完了形について時間表示に示すと次のようになる。

(1)


 発話時(S)は当然現在時に置かれているが、出来事時(E)もそれが表す出来事の時点が過去のことなので、過去時制の時間表示と同様に過去時に置かれる。しかし心の位置(M)は、過去時制とは対照的に過去時へは置かれずに、現在時に置かれる。これは過去時制のように現在との関係において切り離しを意味せずに、話し手による考えや思いである心境が現在に残ったままであることを表している。



英語の時間的感覚Uの目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます