英語喫茶モバイル看板




英語の時間的感覚Uの目次へ


2.現在時を中心として左側の時間帯T
2.1.英語においての2つの形式

 現在時を中心として左側の時間帯とは、過去の時間帯のことである。
 現在の出来事を表すのに、英語では現在時制を用いる。そして、過去の出来事を表すためには過去時制を用いることになる。
 ところが、英語においては過去に生じた出来事を表すのに、過去時制だけが用いられない。過去時制の他に、現在完了形も存在しているからである。そして2つの形式は、明らかに意味が異なるのである。
 話し手は状況により、これらの2つの形式を使い分けなければならないのであるが、そこから過去の時間帯の表現には、心境に2つの区分がされていることになる。
 2つの形式については次節から述べていくが、過去時制については2.2.2.3. で述べ、現在完了形については次章で述べていく。







英語の時間的感覚Uの目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます