英語喫茶モバイル看板




英語の時間的感覚Tの目次へ


4.3. 未来表現のまとめ
 以上が未来表現の形式と意味であるが、それらは近い未来と遠い未来に分類することができた。2つの違いは出来事の原因や計画が現在に存在しているかどうかであるが、そのことから話し手の心境には現在との関わりを強く持つか、弱く持つかの違いも現れてくる。
 
 そしてこのような心境から形式の選択がされるのだが、これを簡単に言う場合、その場の考えや思いを表すときは遠い未来であるwillを用いることになり、そうではなくある程度事前の計画などが存在するときは近い未来の形式を用いることになる。










英語の時間的感覚Tの目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます