英語喫茶モバイル看板




やさしい英会話の表現目次へ


やさしい英会話25

〜 友達の頼み事 〜


 ― Sherry and Libre were still talking with each other in the office. And then Rickey came back finishing his lecture. ―

"Oh, Sherry's friend has come," he said and sat at a desk.
"Who is he, Sherry? First time to see him," Rickey said as he was looking through documents.

 Rickey hasn't seen Libre.

"Does he mind me?" Libre asked.
"You don't have to mind him."

"Anyway, you should meet her once."
"Yeah, but …"
"Is she in the university today?"
"Yeah, I haven't seen her yet. I went into the faculty of literature stealthily but I wasn't able to find her. I'm going to go there to find her tomorrow. Sherry, if I see her next time, can you go to meet her with me?"
"Okay. It's easy. Let's go."

"Can I have some water?" Libre asked.
"Yes, never mind."

 While Libre was drinking water, Rickey tipped a cat food into another bowl.
Great, Rickey.

"Don't hesitate to eat, Libre."


<今日の単語>

stealthily  こっそりと
hesitate  ためらう、躊躇する


<今日の日本語訳>

 ―リッキーの研究室でシェリーとリバーはまだ話をしていた。そこへリッキーが授業を終えて戻ってきた。―

「やあ、シェリーの友達が来ていたのか。」そういうとリッキーは机に座った。
「その子は誰だい? シェリー。初めて見るな。」そういいながらリッキーは書類に目を通していた。

 そういえばリッキーはリバーと会ったことがなかったな。

「シェリーの主人は俺のことを気にしないの?」リバーが聞いてきた。
「そのへんは気にすることないよ。」

「とにかく一度会った方がいいよ。」
「あぁ、でもな...。」
「今日は来ていないのか? フィズは。」
「あぁ、今日はまだ見ていない。こっそり文学部の中に忍び込んで見たけれど、彼女の姿は見なかったよ。明日も見てみるつもりだよ。シェリー、今度彼女を見かけたら一緒に来てくれないか?」
「そのくらいいいさ。一緒に行こう。」

「また水をもらってもいいかな」とリバー。
「いいよ、遠慮するなよ。」

 リバーが水を飲んでいると、リッキーがもう1つの器にキャットフードを入れてくれた。
さすがリッキー。

「遠慮なく食べるといいよ、リバー」


<今日の日本語訳&英語訳>

―リッキーの研究室でシェリーとリバーはまだ話をしていた。そこへリッキーが授業を終えて戻ってきた。―
― Sherry and Libre were still talking with each other in the office. And then Rickey came back finishing his lecture. ―


「やあ、シェリーの友達が来ていたのか。」そういうとリッキーは机に座った。
"Oh, Sherry's friend has come," he said and sat at a desk.

「その子は誰だい? シェリー。初めて見るな。」そういいながらリッキーは書類に目を通していた。
"Who is he, Sherry? First time to see him," Rickey said as he was looking through documents.


そういえばリッキーはリバーと会ったことがなかったな。
Rickey hasn't seen Libre.


「シェリーの主人は俺のことを気にしないの?」リバーが聞いてきた。
"Does he mind me?" Libre asked.

「そのへんは気にすることないよ。」
"You don't have to mind him."


「とにかく一度会った方がいいよ。」
"Anyway, you should meet her once."

「あぁ、でもな...。」
"Yeah, but …"

「今日は来ていないのか? フィズは。」
"Is she in the university today?"

「あぁ、今日はまだ見ていない。こっそり文学部の中に忍び込んで見たけれど、彼女の姿は見なかったよ。明日も見てみるつもりだよ。シェリー、今度彼女を見かけたら一緒に来てくれないか?」
"Yeah, I haven't seen her yet. I went into the faculty of literature stealthily but I wasn't able to find her. I'm going to go there to find her tomorrow. Sherry, if I see her next time, can you go to meet her with me?"

「そのくらいいいさ。一緒に行こう。」
"Okay. It's easy. Let's go."


「また水をもらってもいいかな」とリバー。
"Can I have some water?" Libre asked.

「いいよ、遠慮するなよ。」
"Yes, never mind."


リバーが水を飲んでいると、リッキーがもう1つの器にキャットフードを入れてくれた。
While Libre was drinking water, Rickey tipped a cat food into another bowl.

さすがリッキー。
Great, Rickey.


「遠慮なく食べるといいよ、リバー」
"Don't hesitate to eat, Libre."



やさしい英会話の今日のポイント


★ポイント1
"Does he mind me?" Libre asked.
「シェリーの主人は俺のことを気にしないの?」リバーが聞いてきた。

 「mind」は「気にする」という意味です。
 疑問文では「〜を気にしますか?」という意味になりますが、そこから「〜をしてもいいですか?」というように、相手にお願いをすることができます。

---------------
Do you mind (  )?

Would you mind (  )?
---------------


Would you mind if I smoke?
(タバコを吸ってもいいですか?)
I don't mind if you smoke.
(タバコを吸っても構いませんよ)


 I don't mind. で「気にしませんからどうぞ。」という意味になります。
 もしも「Yes.」で答えたのならば、「気にします。」という意味になってしまいます。この場合、「やめてください。」という意味で相手に答えてしまうことになります。

---------------
Yes. → だめです。

No. → よいです。
---------------


 「気にしませんよ。」と同じ意味での答え方としては、他に No problem. などがよく使われます。


 また、もっとカジュアルに許可を求めたいときは、Is it okay? なども使うことができます。

----------------
Is it okay (  )?
----------------


Is it okay if I smoke?
(タバコを吸ってもいい?)
Yes.
(いいですよ。)

 この質問では、Yes. がよいことになります。そして No. がダメなことになります。

---------------
Yes. → よいです。

No. → だめです。
---------------



★ポイント2
I'm going to go there to find her.
「明日も見てみるつもりだよ。」

 I'm going to go there to find her. で、「彼女を探しにそこへ行ってみるつもりです。」という意味になります。
 「I'm going to+動詞」は、「〜をするつもりです。」という意味で、予定をあらわすときの言い方です。

---------------
I'm going to (  )
(  )に動詞を入れます。

意味:〜をするつもりです。
---------------


 また、文の後ろの to find her は「彼女を探すため」という理由を表しています。
 これは、I'm going to 〜 の文の後ろに、「to+動詞の原形」を置きます。

I'm going to go to the restaurant to have lunch.
(私はそのレストランにランチを食べに行くつもりです。)

 理由を名詞であらわす場合には、「to+動詞の原形」の代わりに「for+名詞」を使います。
 
I'm going to go to the restaurant for lunch.
意味は前の文と同じです。


 他に「〜するつもりです。」や「〜をする計画です。」というように、予定をあらわすのに似た意味では、「plan」を使うこともできます。
 
I'm planning to go to Kyoto.
(私は京都に行くことを計画中です。)




★ポイント3
"Don't hesitate to eat, Libre."
「遠慮なく食べるといいよ、リバー」

 「Don't hesitate to+動詞」で、「遠慮なく〜してください。」という意味になります。
 「hesitate」には「ためらう」や「躊躇する」という意味があります。

---------------
Don't hesitate to (  )
(  )に動詞を入れます。

意味:遠慮なくしてください
---------------


Don't hesitate to call me.
(遠慮なく私に電話をください。)


 また、「feel free to+動詞」も、同じ意味で使うことができます。

----------------
feel free to (  )
(  )に動詞を入れます。

意味:ご自由にしてください
---------------


Please feel free to eat.
(どうぞご自由に食べてください。)



<今日のメモ>

 「気を楽にしてください。」と言うときは、次のようにすることができます。
 
Make yourself comfortable.
 
 「comfortable」には「快適な」や「居心地のよい」という意味があります。
 たとえば来客者に対して使うことができます。
 同じ意味では、Make yourself at home. と言うこともあります。
 
Please make yourself at home.
(どうぞ楽にしてください。)



Sherry's Diary の練習問題
 半角英数字で解答してください。

気にしますか
問題数:7問


それをするつもりです
問題数:3問


遠慮なくしてください
問題数:4問




やさしい英会話の表現目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます